イギリスのインド統治に関わるGHQ焚書のリスト

GHQ焚書
スポンサーリンク

 GHQは戦後七千点以上の書籍を日本人が読めないように没収廃棄しましたが、処分されたのは日本人の戦意を高揚させるような書籍は必ずしも多くなく、戦勝国にとって都合の悪い歴史が書かれた書籍の多くが処分されていることはあまり知られていません。

 このブログで次回以降イギリスのインド統治について少しばかり記事を書く予定ですが、GHQの全焚書データから、タイトルに「インド」あるいは「印(度)」を含む書籍を検索すると64点がヒットしました。これらの書籍が焚書処分された理由は、GHQが削除または掲載発行禁止の対象とした30項目のうちの7番目にある「英国に対する批判」にあたると判断されたものと考えられます。

  これらの書物には驚くような情報が満載ですが、戦後の一般的な歴史書やテレビや新聞などで、このような史実が解説されることは皆無に近いのではないでしょうか。20点については『国立国会図書館デジタルコレクション』でインターネット公開されていますが、戦後になって復刊されている書籍は見当たりませんでした。これらの本の多くは著作権保護期間が満了していると思われるので、国会図書館の方針通りにインターネット公開していただきたいものです。

  ブログの記事の中でいくつかを紹介しますが、なぜGHQは このような史実を日本人に読ませたくなかったかを、多くの読者の方に考えていただきたいと思います。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
アジア民族の中心思想.
印度篇
高楠順次郎 大蔵出版https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1230076昭和11
英吉利の印度支配 :
仮面をとつた英国
ラインハアルト・フランク ニッポンプレスhttps://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1153768昭和15
イギリスの印度統治 :
其経済諸政策の研究
東亜経済調査局東亜経済調査局https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1281293昭和10
印度浅井得一白揚社  
印度不明モダン日本社  
印度松村新吾興亜文化協会  
印度金子健二 湯川弘文社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042560昭和17
インド解放へ小倉虎治今萩茂樹  
印度資源論小生第四郎聖紀書房  
印度思想史木村泰賢大東出版社  
印度史の解剖と独立問題木村日紀 日本放送出版協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042561昭和18
印度史の分析金川義人国民社  
印度侵略悲史ラス・ビハリ・ボーズ 東京日日新聞社  
印度統計書総合印度研究室編国際日本協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1124152昭和18
印度統治機構の史的概観中島宗一満鉄東亜経済
調査局
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1028046昭和17
印度と英帝国主義中平亮 東洋研究会  
印度独立運動の真相實川勝太郎日本合同通信社  
印度独立と日本永松浅造 大理書房  
印度独立戦争波多野烏峰 錦正社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042555昭和17
印度と濠洲松本悟朗 聖紀書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044233昭和17
印度における英国の圧政ラッシュ・ビヘヤー不明  
インドの叫びボース・ラスビハリ 三教書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1444427昭和13
インドの話松山厚三フタバ書院成光館  
印度の回教徒小川亮作 地人書館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1040057昭和18
印度の曙輪堂寺燿啓徳社出版部  
印度の抗戦力後藤 勇 編東晃社  
印度の資源と工業総合印度研究室編総合印度研究室  
印度の全貌高岡大輔岡倉書房  
印度の全貌網本行利修文館  
印度の闘争チャンドラ・ボース 興亜書房  
印度の独立筈見一郎霞ヶ関書房  
印度の分析竹内 雄神栄館  
印度の民族運動総合印度研究室編総合印度研究室  
印度の流通経済総合印度研究室編伊藤書店  
印度ビルマの展望亀尾松治ジャパンクロニクル社  
印度緬甸の展望桑原官吾大阪雑貨
印度輸出組合
  
印度ビルマの教育植民政策吉田 実三享書房  
印度仏教概説 下大谷大学 編法蔵館  
印度復興の理念吉岡永美北光書房
印度民族運動史加藤長雄東亞研究所
印度民族論堀 一郎アジア問題研究所
印度洋柴田賢一興亜日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1876269昭和18
印度洋浅井得一朝日新聞社
印度洋問題伊東 敏大和書店
印度を語るラス・ビハリ・ボーズ日本電報通信社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267128昭和17
印度を知る大倉仲助蔵王閣
現代の印度日本拓殖協会編越後屋書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044237昭和18
今日の印度国際政経学会調査部政経書房
最近の印度 :
英印関係の推移
島田巽朝日新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1275897昭和17
虐げられし印度ラインハルト・フランク高山書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1045068昭和18
ジヤワルラル・ネール
印度の新太陽
アヌーブ・シング霞ヶ関書房
印度侵略序幕深尾重正アジア問題研究所
大戦下の印度蘆田英祥汎洋社
大東亜共栄圏叢書第一編
更生仏印の全貌
金子鷹之助愛国新聞社
大東亜戦における
重慶・インド・濠洲
東京日日新聞
東亜部 編
大同出版社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273599昭和17
泰ビルマ、印度東恩納寛惇大日本雄弁会講談社
闘へる印度 :
S.チヤンドラ・ボース自伝
チャンドラ・ボース綜合インド研究室https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1045067昭和18
立ち上がる印度の全貌浅井治平帝国書院
立ち上がる印度永川俊美帝国書院
独立印度の黎明ラス・ビハリ・ボース照文閣https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1045063昭和17
独立運動をめぐる
現代印度の諸情勢
福井慶三フタバ書院成光館
南進叢書. 第7 インド南方産業調査会南進社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044038昭和17
南方経済資源総攬
第8巻インドの経済資源
伊東 敬東亜政経社
蘭印、英印、仏印井出諦一郎三省堂
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【タグクラウド】

GHQ検閲・GHQ焚書 GHQ焚書・50音別 キリスト教関係史 スポーツ テロ・暗殺 プレス・コード ユダヤ人 一揆・暴動・内乱 共産主義 北海道開拓 南朝 反日・排日 地方史 外交史 大東亜戦争 奴隷 対外関係史 廃仏毀釈 情報戦・宣伝戦 支那事変 政治史 日本人町 日露戦争 朝鮮半島 東南アジア 欧米の植民地統治 満州 神仏分離 神仏習合 神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫 神社仏閣庭園旧跡巡り 神社合祀 紅葉 織田信長 自然災害史 著者別 西尾幹二動画 豊臣秀吉 財政・経済 軍事 領土問題 飢饉・食糧問題

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

 無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの店舗でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント