なぜジェイコブ・シフは日露開戦直後にわが国の外債発行を支援したのか

義和団の乱から日露戦争

 明治三十七年二月八日の旅順口攻撃を皮切りに日露戦争が始まったのだが、これから戦争が何年続き、戦費がいくら必要になるかは戦争が終結するまではわかるものではない。十年前の日清戦争で約二億三千万の戦費がかかったのだが、今度の戦争はその金額を大幅に上回る戦費が必要となる覚悟が必要である。

戦費調達の成案がなかった曾禰大蔵大臣

 菊池寛の名著『大衆明治史(国民版)』に、当時のわが国の財政状態と、当時の大蔵省がどの程度の戦費を予算計上し、その財源についてどう考えていたかについて記されている箇所があるので、引用させていただく。

 明治三十二年以来、歳出は二億五千万円から三億の間を往来していたが、歳入は年々数百万円の超過を示している
 そこで戦争になって直ちに使われる剰余金は四千七百万円あったが、わが正金の所有高は一億四百万円に過ぎない。

 いざ戦争になれば、さしあたりどうしても数億の金は用意しておかねばならぬ。大蔵省は、はじめ三億ばかりの戦時予算を計上したが、それは単なる机上案で、その財源を、増税によるのか、内国債によるか、外国から借金するのか一つも成案はなかったのである。しかも三億円で三ヶ師団の動員をやるという、ケチなものだったのである。

 二月四日の最後的の御前会議の席上、伊藤(博文)は大蔵大臣曾禰荒助に対して、戦時財政に就いて成案があるかと尋ねたが、曾禰は黙然として答え得なかった。
 伊藤は色をなして、「財政の基礎が定まらねば、軍費の支弁は出来ん。軍費が支弁されないで、どうして戦争が出来るか」
 と追求した。
 

『大衆明治史(国民版)』p.273~274

 すかさず元老の松方正義が曾禰蔵相を弁護したが、御前会議終了後、曾禰は自ら責任を感じて辞表を提出している。伊藤はそれを了としたのだが、松方は開戦当初に大蔵大臣を更迭しては、日本には財政に問題があるとのメッセージを発信することになり兵士の士気にも影響すると考え、さらに元老井上馨の助言もあり蔵相の更迭は避けられた。しかしながら蔵相を経験した松方にせよ井上にせよ、この時点において戦費調達について成案があったわけではなく、財政当局者はこの難題を全力で乗り越えなければならなかったのである。
 結果的に日露戦争の戦費は戦時特別会計から約十五億、一般会計から約三億が捻出されたのだが、十五億円は如何にして調達したのだろうか。

高橋是清に外債募集の交渉を一任

 菊池寛の『大衆明治史』は昭和十六年に汎洋社から上下巻が出版され、翌年に上下巻の主要な章をまとめた普及版である「国民版」が同社から出版されている。国立国会図書館でネット公開されているのは、十六年刊の『大衆明治史 下』のみで、この書籍がGHQ焚書に指定されているのだが、日露戦争の戦費調達については、この本に詳しく記述されている。(「国民版」には出ていない)

 誰が実際にこの戦費の調達の衝に当たろうとも、日本としては外債に主力を置いてこの難局を切り抜けなければならぬという点では異論はなかったろうと思う。今日と較べれば、格段に劣っている当時の日本の富の程度では、増税するにしてもたかが知れているし、今日の事変公債のような内国公債を発行しようとしても、巨額に売れる見込みはないのである。
 それに軍需品の大部分を外国から買わねばならぬ実情では、どうしても外国の金を借りてその支弁に充てるという外に、方法はないわけである。
 そこで廟議は外債募集のことと決すると、その大任を嘱されたのが、時の日銀副総裁、高橋是清だった。

 時に瓜生戦隊の仁川沖に於ける捷報、つづいてわが連合艦隊の旅順砲撃と、快調を以てすべり出したわが軍事行動が、全国民の血を湧き立たせていた頃である。
 高橋是清は、元老井上馨の私邸へ招かれた。井上は血色の良い顔を輝かしながら、
御苦労だが、高橋君、あんたに外債のことは一切お委(まか)せしたい。
 …中略…

 高橋は以前に正金銀行の役員として長く外国にいたことがあるし、外国の財界人とも旧知が多く、国際金融に明るいことでは、当時として第一人者だから、政府としてもなるべく日本に置いておきたかったのだろうが戦況の進展は一刻の躊躇を許さない

菊池寛 著『大衆明治史. 下巻 』汎洋社 昭和16年刊 p.197~198
【復刻版】菊池寛の「大衆明治史」(下)-GHQが発禁にした近代日本史 響林社文庫 | 菊池寛, しみじみ朗読文庫 | 歴史学 | Kindleストア | Amazon
Amazonで菊池寛, しみじみ朗読文庫の【復刻版】菊池寛の「大衆明治史」(下)-GHQが発禁にした近代日本史 響林社文庫。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
高橋是清

 高橋は、外債募集で様々な多くのブローカーが日本政府に直接交渉を持ち掛けてきても、政府としては一切採り上げず私に全てを委せることを条件に井上の要請を引き受け、明治三十七年二月二十四日に、英語に堪能な深井英五とともに横浜を出発し、最初にニューヨークに向かっている。

高橋一行はアメリカでの外債発行を諦めイギリスに向かった

 当時高橋一行に申し渡されていた外債の額は一億円だったのだが、阪谷大蔵次官からは「この戦費は、一ヶ年の予定で、朝鮮から露軍を一掃するだけの目的で、もし戦争が長引き、鴨緑江の外に軍を進めなければならぬようなら、さらに戦費の追加、外債の追加も覚悟せねばならぬ」とも言われていた。戦争というものは、日本が途中でやめたくても、相手が戦うことを続ける限り終わることはありえず、戦費支出が続くことになるのだ。

 高橋はニューヨークに到着して数名の銀行家に打診したが、当時のアメリカは自国産業発達の為に外国資本を誘致せねばならない状況にあり、日本外債の発行は困難な状況にあると判断した。高橋はアメリカを諦めて次にイギリスのロンドンに向かい、まずロスチャイルド家やカッセル、香港上海銀行、バース銀行などと交渉している。当時は日英同盟が成立してまだ日が浅く、対日態度は友好的ではあったが、戦争でどちらが勝利するか見通しの立たない状況で、黄色人種の国である日本の巨額の公債引き受けとなると二の足を踏む投資家が多く、話がなかなか具体的に進行しなかった

 注意すべきは、公債を引受けるといっても、英国の銀行業者が全部金を出すというわけではないのである。ロスチャイルドやカッセルは、巨額の資産を以て鳴る金融業者ではあるが、その資金を外国債に固定してしまうほど余裕があるわけではなかった。要するに、ロスチャイルドなりカッセルというものが公債引受人となって、その信用でもって、一般の投資界から資金を吸い上げるのである。
 だから、どうしても金融業ばかりでなく、一般の投資家の意向なり機運というものも無視できない
のである。

『大衆明治史 下巻』p.205~206

 高橋是清は一千万ポンド(約一億円)の外債発行の話をまとめようと動いていたのだが、四月二十日頃にようやく、関税収入を担保として外債五百万ポンドを発行する仮契約ができた。しかしながら年内にあと五百万ポンドの発行がどうしても必要だったのである。

大成功に終わった一回目の外債発行

 そんな高橋に、思いがけない幸運が転がり込んできた。なんと残額の五百万ポンド全額を引き受けるという人物が現れたのである。

ジェイコブ・ヘンリー・シフ

 その人物の名前はアメリカのジェイコブ・ヘンリー・シフというユダヤ人である。たまたまヨーロッパ旅行の途中で英国に立ち寄り、高橋の旧友が主催した晩餐会に参加し、偶然高橋の隣に座っていたという。会の席上で高橋は、隣のシフに対して五百万ポンドの仮契約が出来たがあと五百万ポンドの募集が必要であることなどを話したようだが、その日はシフからは特別の話はなく別れたという。ところがその翌日にバース銀行の取締役が高橋の宿舎を訪ねて来て、昨日高橋の隣にいたシフという人物はバース銀行の取引先であるニューヨークの銀行(クーンローブ商会)の会長で、残りの五百万ポンドを自分で引受る意向があることを伝えに来た。クーンローブ商会は、当時アメリカ財閥のモルガン商会と肩を並べるほどの勢力を占めていることがわかり、高橋が驚喜したことは言うまでもない。

 かくして日本公債の発行日が五月十一日と発表された。その少し前の五月一日に日本軍が鴨緑江の戦いで勝利していたことから、日本公債は予想以上の人気を呼び、応募が殺到して、一回目の外債発行は大成功のうちに終わったのである。

ロシアによるユダヤ人虐待

 ところで、なぜシフは五百万ポンドの引き受けを申し出たのであろうか。
 この点について高橋は『高橋是清自伝』に、「ロシア帝政時代ことに日露戦争前には、ロシアにおけるユダヤ人は、甚だしき虐待を受け、官公吏に採用せられざるはもちろん、国内の旅行すら自由に出来ず、圧政その極に達し」ていて、ロシアと戦おうとしているわが国を支援することで、ロシアの政治変革を期待したことを挙げている。高橋は穏やかに書いているが、ロシアのユダヤ人に対する虐待は極めて激しく、多くのユダヤ人が官憲や民衆により襲撃され、虐殺された者も少なくなかったのである。

 ユダヤ人は中世以来ヨーロッパでたびたび迫害を受けてきたのだが、新約聖書にユダヤ人がキリストの磔刑に関与したことが書かれていることから、ヨーロッパではユダヤ人が「神殺し」とみなされて疎外され、ゲットーと呼ばれる場所に隔離されて暮らしていた歴史がある。また彼らは生産的な職業に就くことができず、質屋や金融業や両替商に従事する者が多かった。
 十八世紀になってヨーロッパではユダヤ人の解放と地位向上が唱えられるようになっていくのだが、ロシアではユダヤ人とスラブ人との抗争がその後も続いたのである。

安江仙弘

 昭和十二年に出版された安江仙弘著『ユダヤの人々』という本がある。安江は陸軍きってのユダヤ問題の研究家で、昭和十三年(1938年)にナチスの迫害を逃れるためにドイツを脱出した二万人のユダヤ難民を同期の樋口季一郎とともに助けた人物である。安江のこの書物には、その頃のロシアによるユダヤ人迫害について次のように解説されている。

 昔の帝政ロシアは、このポーランドを合わせておったからして、合計六百余万のユダヤ民族を持っていたのである。当時世界のユダヤ人口は、約千三百五十五万と言われているから、帝政ロシアは世界ユダヤ人口の半数近くを保持していたのである。
 帝政ロシアが昔から、ユダヤ人に関し種々なる問題を、しばしば惹起し、またこのロシアユダヤ人の中から、各種の有名なる人物が輩出しているのは、蓋し当然のことである。

 帝政時代において、昔からロシアはこのユダヤ人を非常に虐待したしたことは、有名な事実となっている。ロシアには『ポグロム』という言葉がある。これを訳して『ユダヤ人狩り』という。すなわちロシア官憲が、ユダヤ人をゲットー(ユダヤ人街)から追放することを意味するもので、このポグロムがしばしば行われている。

 ロシア官憲が何ゆえにポグロムを実行したか。その第一の原因は、宗教に基づくものと察せらるる。ロシアは耶蘇教(キリスト教)の中でも、最も堅苦しいと言われるギリシャ正教国であった。したがって厳格にユダヤ教を奉ずるユダヤ人との、相互の反感もまた最も激烈である。また民族的に観て、その性格上純ロシア人たるスラブとユダヤ人とは、氷炭相容れざるものがある

 これ等の点からロシアにおけるユダヤ民族は、いわゆるロシア人と常に闘争をつづけ、常に彼らから多大の圧迫を受けていたのである。現にロシアにはスラブ系の純ロシア人のほかに、ドイツ系、タタール系等五十余の異種族が、混然として生活を営んでいる。しかし、ユダヤ人を除いて他の種族は、概ねロシア人と同化し、種族的の反感や闘争の起こることはいたって稀であった。ユダヤ人はただに宗教、種族の相違からばかりでなく、その持ち前の狡猾と、排他的利己心等が、他の種族から忌み嫌われる原因の一つとなったのである。

安江仙弘著『ユダヤの人々』軍人会館出版部 昭和12年刊 p.106~107

 ロシアではアレクサンドル3世(在位:1881-1894)およびその子ニコライ2世(在位:1894-1917)の時代に、ユダヤ人迫害が特に激しく行われるようになるのである。

 安江氏の前掲書にはその時代のユダヤ人迫害の経緯について詳しく述べられている。

 ロシアにおいて、ユダヤ人に対する取締りを厳重にした原因は、ロシア国内にいるユダヤ人が、国外のユダヤ人と相策応し、いわゆる過激思想によって、ロシア帝政の転覆を企図したためである。事実ロシアの各所で、過激派ユダヤ人の逮捕がしばしば行われたのである。されど自由と解放とに熱狂するユダヤ人は、ロシアの制圧が強ければ強いほど、また取締りが厳重なれば厳重なるほど、自己民族の権利を獲るため、一層強くその力を用いた。遂に彼らはアメリカを利用し、次に述べるような巧妙な方法を用いるに至った。

 ロシアにおいて自由を得ようとしたロシア在住のユダヤ人は、…どしどしアメリカに渡航した。そしてその滞在間にアメリカの国籍を獲得し、新たにアメリカ国民となり、ロシアにある自分の家に帰って来た。すなわち彼らは国を出るときはロシア人で、帰るときはアメリカ国民になっていたのである。

 その当時米露両国政府は、相手国の自由権を、互いに認める事を約束しておった。そこでロシア駐在のアメリカ領事は、この外交上の取り決めに基づいて、このにわか作りの新アメリカ国民に対する、ロシア官憲の干渉を絶対に拒絶し、彼らを保護することに努力した。しかしながら、ロシア政府は、この新しき米国ユダヤ人の過激的陰謀に対して、沈黙することが出来ないので、依然として彼らの検挙に努力し、そのアメリカユダヤ人であると否とにかかわらず、峻烈なるユダヤ人取締りを継続励行した。 

同上書 p.110~111

 現在のポーランドは当時ロシアに併合されていて、そこに約三百七十万人のユダヤ人が住んでおり、ポーランドを除くロシアにも約三百万人のユダヤ人が住んでいたそうだ。そして西暦一八八二年から一九〇六年に至る二十五年間に、二百万人ものユダヤ人がロシアからアメリカに移住したということは三割近いユダヤ人がアメリカ国籍を取るためにロシアを離れたということになるのだが、ロシアではその後、ユダヤ人への迫害がさらに激しくなっていった。

 日露戦争が始まる前年の一九〇三年四月にはキシナウ(現モルドバ共和国の首都)で五十人近くのユダヤ系住民が虐殺されたほか数百人が負傷し、多くのユダヤ系商店や住宅が破壊された事件も起きている。

 このような背景を知ると、ユダヤ人のジェイコブ・シフがロシア政府に対し強い憎悪の念を抱いていたことがよくわかる。彼が巨額の日本外債を引受けたのは、ロシアと戦っている日本が、ロシアを痛めつけてくれることを願っていたことは確実で、日露戦争で日本が勝利すると、今度はロシア革命を成功に導くために、レーニンらに巨額の資金を提供している。以前このブログで書いたが、ロシア革命はユダヤ人の革命というべきであり、革命政府の要職の大半をユダヤ人が占めていたことを知るべきである。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。長い間在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、このたび増刷が完了しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント

  1. ネコ太郎 より:

    現在のウクライナ戦争もユダヤ人対スラブ人の抗争の繰り返しですね。ポグロムの恨みがプーチン大統領に向けられているようです。
    私見ですが、この地域に住んでいたユダヤ人はパレスチナ出身の真性ユダヤ人ではなく、ハザール王国の末裔のユダヤ人ではないかと思っています。外見上セム系とは見えません。
    ジェイコブシフが高橋是清の隣に座ったのは偶然ではないのでは。彼はフランクフルト時代からロスチャイルド一家なじみの人なので。

    • しばやん より:

      ネコ太郎さん、コメントありがとうございます。
      この地域で歴史的に激しい民族闘争が続いてきたことを知る必要がありますね。ロシア革命はユダヤ人による革命であり、ポグロムを推進したニコライ二世の親族らはレーニンの命により銃殺されています。今回のウクライナ戦争も、その前にロシア人が虐殺されていたことを知らないと、真実を見誤ることになります。
      Wikipediaによるとユダヤ人は「ユダヤ教の信者(宗教集団)またはユダヤ教信者を親に持つ者によって構成される宗教信者のこと」とあり、人種とは無関係のような定義になっていますが、確かにこの地域に住んでいるユダヤ人は、セム族とは外見上異なりますね。
      私も、シフが高橋の隣に座ったのは偶然とは思えません。わざわざニューヨークからイギリスに来て、高橋の旧友が主催した晩餐会に参加したというのは、何らかの意図がなければあり得ないような気がしています。

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書171 対外関係史80 地方史62 イギリス37 ロシア・ソ連35 神社仏閣庭園旧跡巡り34 著者別31 政治史29 軍事29 京都府28 神仏分離27 廃仏毀釈26 日露戦争26 欧米の植民地統治24 外交史24 共産主義23 対外戦争22 中国・支那21 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 テロ・暗殺16 アメリカ16 豊臣秀吉16 ユダヤ人16 一揆・暴動・内乱16 ハリー・パークス16 GHQ焚書・50音別リスト15 反日・排日15 朝鮮半島14 満州14 情報戦・宣伝戦14 コミンテルン・第三インターナショナル13 神戸大学 新聞記事文庫13 支那事変13 西郷隆盛12 海軍11 陸軍11 ルイス・フロイス11 アーネスト・サトウ11 紅葉11 東南アジア11 倭寇・八幡船10 戦争文化叢書10 不平士族10 徳川慶喜10 大阪府9 和歌山県9 伊藤痴遊9 イエズス会9 フランス9 奴隷9 奈良県9 寺社破壊9 ペリー9 岩倉具視9 オランダ8 修験7 A級戦犯7 ドイツ7 ジョン・ラッセル7 神社合祀7 徳川斉昭7 ナチス7 インド7 神仏習合7 飢饉・食糧問題6 文化史6 ロッシュ6 自然災害史6 木戸孝允6 兵庫開港6 永松浅造6 大東亜戦争6 大久保利通6 紀州攻め5 高須芳次郎5 アヘン5 ジョン・ニール5 ジェイコブ・シフ5 関東大震災5 山縣有朋5 情報収集5 分割統治5 奇兵隊5 伊藤博文5 人種問題5 滋賀県5 大隈重信5 隠れキリシタン5 児玉源太郎5 財政・経済5 平田東助4 山県信教4 堀田正睦4 石川県4 兵庫県4 東京奠都4 高山右近4 乃木希典4 南方熊楠4 金子堅太郎4 小西行長4 旧会津藩士4 日本人町4 井伊直弼4 スペイン4 ナチス叢書4 東郷平八郎4 孝明天皇4 小村寿太郎4 フィリピン4 井上馨4 ウィッテ4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 武藤貞一4 西南戦争4 阿部正弘4 日独伊三国同盟3 ロシア革命3 義和団の乱3 伴天連追放令3 中井権次一統3 文禄・慶長の役3 安政五カ国条約3 静岡県3 廃藩置県33 朱印船貿易3 国際連盟3 三国干渉3 柴五郎3 和宮降嫁3 満州事変3 北海道開拓3 タウンゼント・ハリス3 薩摩藩33 下関戦争3 レーニン3 高橋是清3 台湾3 織田信長3 徳川家臣団3 フビライ33 プチャーチン3 勝海舟3 平田篤胤3 士族の没落3 鹿児島県3 山田長政3 生麦事件3 福永恭助3 薩英戦争3 日清戦争3 福井県3 シュペーラー極小期3 長野朗3 日米和親条約3 川路聖謨3 竹崎季長3 藤木久志3 桜井忠温3 スパイ・防諜3 ガスパル・コエリョ3 王直3 菅原道真3 津波3 文明開化2 日光東照宮2 越前護法大一揆2 文永の役2 神道2 島津久光2 王政復古の大号令2 プレス・コード2 足利義政2 南京大虐殺?2 沖縄2 水戸学2 領土問題2 三重県2 大友宗麟2 安政の大獄2 安藤信正2 オルガンティノ2 南朝2 応仁の乱2 山本権兵衛2 大江卓2 鳥取県2 徳富蘇峰2 大川周明2 明治六年政変2 大火災2 松岡洋右2 豊臣秀次2 板垣退助2 福沢諭吉2 オールコック2 坂本龍馬2 吉田松陰2 弘安の役2 水野正次2 仲小路彰2 野依秀市2 島津貴久2 伊勢神宮2 江藤新平2 土一揆2 富山県2 火野葦平2 高知県2 尾崎秀實2 北条時宗2 足利義満2 徳島県2 大政奉還2 懐良親王2 武田信玄2 ラス・ビハリ・ボース2 下剋上2 島根県2 明石元二郎2 淡路島2 版籍奉還1 士族授産1 上杉謙信1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1 熊本県1 徴兵制1 広島県1 フェロノサ1 大村益次郎1 足利義持1 シーボルト1 後藤象二郎1 佐賀県1 重野安繹1 陸奥宗光1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 浜田弥兵衛1 愛知県1 徳川家光1 桜田門外の変1 徳川家康1 スターリン1 第二次世界大戦11 尾崎行雄1 北条氏康1 大倉喜八郎1 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 前原一誠1 福岡県1 長崎県1 北条早雲1 香川県1 徳川光圀1 グラバー1 穴太衆1 スポーツ1 宮崎県1 督戦隊1 岩倉遣外使節団1 日野富子1 イタリア1 山中峯太郎1 鎖国1 今井信郎1 徳川昭武1 大村純忠1 藤原鎌足1 加藤清正1 鉄砲伝来1 ハリマン1