「スパイ」に関する戦前の新聞記事 その3

スパイ関連

某国スパイ活動に協力した日本人たち

 前回記事で、昭和9年12月に某国の美男スパイに保弄されて軍事機密情報を漏洩したことで十数名の日本人女性が取調べを受けた事件を報じた記事を紹介させていただいたが、その後もさまざまなスパイ事件が報じられている。下の画像は昭和11年4月23日付の報知新聞の記事である。

 某国大使館をめぐり間諜網の大検挙に着手していた警視庁外事課では、前後三ヶ月にわたって左記十七名に上る売国的不良分子を検挙したが、いよいよ取調べも一段落を告げるので、近く治安維持法違反並びに軍機保護法違反として一件記録とともに検事局へ送致することになった。今回の間諜事件は実に某国東京駐在大使館が対日戦争準備のために行った非常手段と見られ、大使館使用人たる情報部通訳井上満を中心に組織されていた完全なる間諜網であって、井上を指導していた直接の背景は同大使館情報部長の職に在る某国人であったことが判明した。彼等は既に昨年の秋頃から活溌な活動を開始し、日本の国内情勢の偵察に当時横行していた怪文書の蒐集に努め、ついに昨年九月『○○に関する意見書』を入手し、莫大な金を投じ井上の手から情報部長に手交されていた。昨年の暮には情報部長の命により井上は東京市職業紹介所から五名の筆耕を雇い入れ、毎日上野帝国図書館に通わせて日露大戦当時の新聞記事はどんなさ少なものでも全部筆記させ、一千枚の原稿を大使館に提供していた。同大戦当時とった日本の国内政策を当時の新聞記事によって窺知しようとしたものですこぶる重大視されている。また二・二六事件当時河野は叛乱部隊の安藤元大尉の名刺に書いた通行証を入手して叛乱部隊並に我戒厳部隊の動静を偵察してこれを一々報告していた等の戦慄すべきものがある。その他のものはあるいは農村問題、社会問題、宗教問題等日本国内のあらゆる部門にわたる情勢を調査した報告書を一件百円、二百円で売っていた。更に間諜網に躍った人物がいずれも共産党関係者であったので、党の再建を企てまたは情を知りつつ活動をしていたという点で治安維持法が適用されることになった。

『神戸大学新聞記事文庫』軍事(国防)41-63

 この記事の後半に、検挙された17名の名前、住所、職業等が記されているが、いずれも共産党関係者であったと記されている点は注目してよい。彼らは将来敵国となりうる国に積極的に機密情報を流して、わが国が敗戦国となる混乱を機に革命を起こすことを企んでいたのではなかったか。
 次は同年4月26日の大阪時事新報の記事である。

 二・二六事件以来各国スパイの活躍は目醒しきものあり。東京憲兵隊では戒厳令下の帝都治安に多忙を極めている一方これが捜査検挙に必死の活動を続けているが、去る三月二十一日東京市芝区白金三光町五〇、某国総領事館事務員横田稔(四二)仮名=を検挙しさらに四月上旬同番地の某官庁運転手大山吉次(四五)仮名=を検挙厳重取調べている。同人等は軍機保護法の不備に乗じて偶々法網をくぐり戦慄すべき売国的行為を重ねていたもので、その内容は次の如く帝都を暗黒化して一挙に帝国の死命を制せんとする集団の恐るべき陰謀の為にスパイの役割を続けていたものである。
 横田は早大英文科卒業後某国総領事館に事務員として雇われていたが、事務員とは名ばかりで某国の日本攻撃を目標とするところの日本の政治、経済、思想など各方面に亘る国情調査をなしスパイの中継に専念していたものでその行動はかねて当局においても内偵中であったが、偶々三月上旬同人が前記大山と二人で銀座の喫茶店ボントンで密談しているところを東京憲兵隊員が発見し、大山をも内偵した結果大山は普通写真及び活動写真の撮影に独特の技能を有して居り、横田に懐柔されて種々国防上秘密な写真を撮りこれを横田に渡していたことが判明し、三月八日には二人が埼玉県下の某地に赴き、東北某発電地より送電線及び変電所の外貌を詳細に撮影して横田の手でこれを某国総領事館よりその本国政府へ送った確証を掴んだものである。これは三月上旬にその本国政府から或種の目的の為に帝都への需要送電線及びその変電所の位置並に外貌調査撮影の指令によって撮影したもので、写真は五箇所三枚一組で十五枚よりなるものであることは横田の家宅捜査の結果多数の同様写真を発見したことにより判明。また大山の家宅捜査の結果東京湾要塞地帯の写真フイルムその他を発見し、引続き厳重取調べ中であるが、同人等は帝都への送電線幹線及び重要変電所を爆撃することによって一挙に帝都の交通通信機関を杜絶せしめてこれを暗黒化せんとする戦慄すべき某国の計画の手先となって踊っていたものである。

『神戸大学新聞記事文庫』犯罪,刑務所および免囚保護7-10

 この二名がどこの国に情報を流していたかについては伏されているが、在外公館にこのような売国奴が入り込んでいたら、重要機密がいくらでも外国に流れていくことになる。

某国のスパイ行為に協力した通信社や雑誌社

 通信社は業務上国家の重要情報に触れることが少なくないと思うのだが、幹部が某国の手先となって機密情報を流すような事件も報じられている。次に紹介するのは昭和11年5月5日の神戸又新日報の記事である。文中で「東京事件」と書いているのは、「2.26事件」のことと思われる。

 二・二六事件を契機として恐るべき売国的スパイが続々検挙されているが、これはまた通信社首脳部が職業を利用して国策を裏切り軍事機密を売込み今次事件を期して国内攪乱を計画した某国の手先となって重大な役割を務めていたという、天人倶に許さざる非国民的スパイが発覚して検挙された
 東京市麹町区丸ノ内三丁目二番地三号二十一号館内日露通信社理事上田半治郎(四二)および同社編輯部長金田常三郎(四七)の両名で去る四月二十七日杉並区公園町六丁目六七五号の自宅よりそれぞれ東京憲兵隊特高課員に検挙され陸軍刑法違反として厳重な取調を受けている。
 同通信社は某国大使館の有力な外郭諜報機関となり○○通信社東京支社とともに各方面に亘って暗躍を続けていたもので、曾つて北鉄譲渡交渉が東京において日、満、蘇三国間に進められていた当時上田は態々秘かに渡満し、在満日本各機関首脳を歴訪して極秘情報の認知に努め急遽帰京して報告書を作成し、某々方面の要人に売込むために同交渉は日満側に非常な不利な情勢となり一時は決裂の已むなきに立ち至ったことさえもある程で、彼の行動に対しては当局は厳重な警戒を加えていた。然るに上田等はその後も更に態度を改めず益益某国機関との関係を密接にしその手先となって、モスクワで発行される共産党機関紙掲載の日本に対する凡ゆる中傷記事を巧妙な方法で入手し、毎週一回発行の情報にこれを転載し、これには主として蘇満国境における日満両国軍の行動や日本の大陸政策に関して悉く我が国策を阻害するが如き記事を掲げ、国内攪乱のためと某国の対外宣伝のため重大な役割を務めていたものである
 同人らは最近津軽要塞地帯の写真を某々方面から入手し自社発行の雑誌に掲載してこれを多数蘇国方面に発送したことが発覚し要塞地帯法違反として送局されたことがある。どこまでも某国大使館の手先となって暗躍を続けていた。前記両名は二・二六事件が勃発するや更に活動を開始し、戒厳司令部の命令に反抗して三月三日例のごとく潜行的手段で入手した蘇国機関紙掲載の共産党一流の事件に関する中傷記事を通信情報に転載し、約五十部を蘇国および駐日同国機関、日蘇貿易関係者その他各方面に頒布し、軍事上の利益阻害を策して非国民的不逞行動を続け来ったもので、憲兵隊当局では陸軍刑法第九十九条を適用し断乎処断する模様である

『神戸大学新聞記事文庫』犯罪,刑務所および免囚保護7-14

 Wikipediaによると「日露通信社」は、「かつてソ連に存在した日本の国策通信社」で、昭和9年に「露西亜通信社」に吸収されたと記されているので、正確には「露西亜通信社」と書くべきであろう。そもそも「露西亜通信社」は日本の機密費でソ連の状況調査を行っていた通信社であったはずなのだが、日本の機密費を使いながらわが国の機密情報をソ連に流す売国奴がいたのである。

 次に紹介するのは、軍事専門の雑誌「海と空」が取材活動を通じて入手した情報を某国に流していたと報じている昭和11年6月29日の「国民新聞」の記事である。

 東京を始め全国各憲兵隊では三月以来麹町区内幸町一の四日芳ビル内軍事雑誌”海と空”社の関係者百五十余名を逐次検挙、スパイ嫌疑で取調べ中であったが、この程東京地方で同雑誌社長麻布区本村町一七七、光村利之(四一)、同編輯局長目黒区上目黒五の二四三〇横関愛造(五〇)、同理事牛込区市谷台町五林信寛(三五)、同牛込区北山伏町三四依田昌二(三二)、同牛込区市谷田町一の四市谷ビル止宿錦織東海男(二八)、他三十六名全国支部では総計九名をそれぞれ軍機保護法違反、要塞地帯法違反の罪名で送局した

 同雑誌は東京を本部に大阪、神戸京都、和歌山、広島、福岡、長崎高松、新潟、千葉等の各地に支部を設け、軍事機密事項に関する記事或は機密写真を掲載して一般読者に配布していたものであるが、社長光村、編輯局長横関や各理事は京橋の明治製菓喫茶部、神田のYMCA等を根城として、表面合法的読者懇談会を開き、それを利用しては軍艦、飛行隊を見学、その際軍事機密を盗み、各支部では各各情報グループを組織してこれまた軍事機密事項を調べ上げて本社に報告していたもので、その材料は秘密出版”かもめ””照空灯””黒潮””つばさ”等の雑誌に掲載して特に秘密会員のみに配布、その他外国公館員や某国人に売捌いていたもので秘密グループ中にはかつてコミンテル日本支部員であったものがこの事件に関係して居たことが判明した。

 かつてコミンテルン支部員であったようなメンバーが軍事情報専門の雑誌社に勤務したのだから、わが国の情報が相当ソ連や他国に流れていたことは容易に想像がつく。

海軍の機密を某国に流していた倉庫会社

 昭和11年10月14日の神戸又新日報には、某国に依頼されて神戸の著名な倉庫会社が重要情報を流していたことが報じられている。どんな情報が求められていたのだろうか。

 一口にスパイといってもただ単に軍事上の秘密事項に限らず商業、経済方面にも重要な役割を持つものであるが最近、県外事課情報係では某国の指令をうけた欧洲某大船会社がその代理店である神戸区海岸通りF商会を通じ神戸における某大倉庫会社を動かしその取引関係を利用して
▲神戸港における貨物輸送船の近況▲運送船の種別と設備▲呉軍港所属徳山港における海軍燃料貯蔵所の石炭陸揚方法▲徳山港同燃料所重量貨物の陸揚機械の能力
ほか数項にわたる重要事項を調査せしめていた
もので、外事課情報係ではこれを重大視し、各関係者を招致、厳重追求したところ別に他意なく取引上参考までに調査したのであると語っているが、何しろことは海軍機密事項にまでおよんで居り、その悪用も予測しかねないところから右調査を厳禁せしめた。県外事課では今後この種取引関係とか或は他の名目の下に帝国の商工、経済方面の重要事項を調査しつつある各国情報部の動きに対し厳重警戒を行うとともに、いやしくも帝国臣民にしてかかる不徳の行為を行っている者に対しては厳罰主義で臨むことになった。

『神戸大学新聞記事文庫』犯罪,刑務所および免囚保護7-85

 たまたま神戸の大倉庫会社が引っかかったが、大海運会社や大商社などにも外国からの同様な要請がきていてもおかしくない。重要情報が流出しても当局が把握できておらず、追及もしていない事案はかなりあったのではないだろうか。

外国人のスパイ行為急増

 昭和12年3月30日の台湾日日新聞に、軍機保護法関係違反の事例統計結果が出ている。

 「軍機保護法」違反の件数については昭和11年まで公表されているのだが、「外国人のわが軍状調査統計」については昭和10年のデータで止まってしまっているのは残念だ。『神戸大学新聞記事文庫』のメインページの検索ボックスに「スパイ」と入力すると、一番多くの記事が引っかかるのは昭和11年で49件。その後昭和12年16件、昭和13年8件と激減していく。大きく減ったのは国内のスパイ事案に関する報道なのだが、実際にそのような事件が減ったとは考えにくい。昭和11年(1936年)の2・26事件以降統制派が陸軍の主導権を固め、翌年には内閣の組閣人事に介入して政府に対する発言力を強めることになるのだが、その頃から新聞も軍部に忖度してか、軍部に批判的な記事が少なくなっていくのである。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。長い間在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、このたび増刷が完了しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1,155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

https://shibayan1954.com/renraku/impressions/
https://shibayan1954.com/renraku/mainichi/

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書227 対外関係史82 中国・支那75 地方史62 ロシア・ソ連59 反日・排日52 アメリカ48 イギリス48 神戸大学 新聞記事文庫44 共産主義40 情報戦・宣伝戦38 神社仏閣庭園旧跡巡り38 ユダヤ人36 日露戦争33 軍事31 欧米の植民地統治31 著者別31 神仏分離31 京都府30 外交30 政治史29 満州28 コミンテルン・第三インターナショナル27 廃仏毀釈27 朝鮮半島26 テロ・暗殺24 対外戦争22 キリスト教関係史21 支那事変20 西尾幹二動画20 菊池寛19 一揆・暴動・内乱17 豊臣秀吉17 ハリー・パークス16 大東亜戦争15 ドイツ14 紅葉13 海軍13 ナチス13 西郷隆盛12 東南アジア12 神仏習合12 満州事変11 陸軍11 ルイス・フロイス11 倭寇・八幡船11 アーネスト・サトウ11 情報収集11 人種問題10 スパイ・防諜10 分割統治・分断工作10 奴隷10 大阪府10 奈良県10 徳川慶喜10 不平士族10 兵庫県10 インド10 フィリピン10 戦争文化叢書10 ペリー9 和歌山県9 イエズス会9 神社合祀9 国際連盟9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 伊藤博文8 文化史8 欧米の侵略8 A級戦犯8 関東大震災8 木戸孝允8 韓国併合8 自然災害史8 ロシア革命8 オランダ8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 飢饉・食糧問題7 山中峯太郎7 修験7 大久保利通7 徳川斉昭7 ナチス叢書7 ジェイコブ・シフ6 中井権次一統6 兵庫開港6 奇兵隊6 永松浅造6 ロッシュ6 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 大隈重信5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 武藤貞一5 金子堅太郎5 長野朗5 日清戦争5 5 5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 山縣有朋5 東京奠都4 大火災4 日本人町4 津波4 福井県4 旧会津藩士4 関東軍4 東郷平八郎4 井上馨4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 匪賊4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 第二次世界大戦4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 F.ルーズヴェルト4 三国干渉4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 日独伊三国同盟4 台湾4 孝明天皇4 スペイン4 井伊直弼4 西南戦争4 明石元二郎3 和宮降嫁3 火野葦平3 桜井忠温3 張作霖3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 督戦隊3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟3 3 ファシズム3 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 明治六年政変3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3 前原一誠3 菅原道真3 安政五カ国条約3 朱印船貿易3 北海道開拓3 島津貴久3 下関戦争3 イザベラ・バード3 タウンゼント・ハリス3 高橋是清3 レーニン3 薩摩藩3 柴五郎3 静岡県3 プレス・コード3 伴天連追放令3 松岡洋右3 廃藩置県3 義和団の乱3 文禄・慶長の役3 織田信長3 ラス・ビハリ・ボース2 大政奉還2 野依秀市2 大村益次郎2 福沢諭吉2 ハリマン2 坂本龍馬2 伊勢神宮2 富山県2 徴兵制2 足利義満2 熊本県2 高知県2 王政復古の大号令2 三重県2 版籍奉還2 仲小路彰2 南朝2 尾崎秀實2 文明開化2 大江卓2 山本権兵衛2 沖縄2 南京大虐殺?2 文永の役2 神道2 淡路島2 北条時宗2 徳島県2 懐良親王2 地政学2 土一揆2 2 大東亜2 弘安の役2 吉田松陰2 オールコック2 領土問題2 豊臣秀次2 板垣退助2 スターリン2 島根県2 下剋上2 武田信玄2 大川周明2 丹波佐吉2 島津久光2 日光東照宮2 鳥取県2 足利義政2 GHQ焚書テーマ別リスト2 国際秘密力研究叢書2 大友宗麟2 安政の大獄2 応仁の乱2 徳富蘇峰2 水野正次2 オレンジ計画2 オルガンティノ2 安藤信正2 水戸学2 越前護法大一揆2 江藤新平2 横井小楠1 広島県1 足利義持1 便衣兵1 シーボルト1 フェロノサ1 福岡県1 陸奥宗光1 穴太衆1 宮崎県1 重野安繹1 鎖国1 藤原鎌足1 加藤清正1 転向1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 愛知県1 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 上杉謙信1 トルーマン1 一進会1 大倉喜八郎1 北条氏康1 尾崎行雄1 桜田門外の変1 徳川家光1 浜田弥兵衛1 石油1 徳川家康1 長崎県1 日野富子1 北条早雲1 蔣介石1 大村純忠1 徳川昭武1 今井信郎1 鉄砲伝来1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 スポーツ1 廣澤眞臣1 あじさい1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 佐賀県1 士族授産1 山口県1 後藤象二郎1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1