国立国会図書館デジタルコレクションの使い方

国会図書館デジタルコレクション

スポンサーリンク

『国立国会図書館デジタルコレクション』とは

『国立国会図書館デジタルコレクション』には、昭和43年(1968年)までに国立国会図書館が受け入れた戦前期、戦後期刊行図書、議会資料、法令資料、児童書、震災・災害資料を中心に収録されており、そのうち、著作権処理が完了した約35万点の資料および古典籍の約7万点などがインターネットで公開されていて、自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンで読むことが可能である。

詳しくは『国立国会図書館デジタルコレクション』のパンフレットに書かれているので参考にしていただきたい。

http://www.ndl.go.jp/jp/dlib/project/pdf/digitized_contents.pdf

古典籍や日本占領関係資料も公開されていることは有難いところだが、戦前の本のうち敗戦後にGHQが焚書処分した書籍も3割程度がインターネットで公開されており、戦後の長きにわたり封印されていた史料や記録を読むことが可能である。

『国立国会図書館デジタルコレクション』で探している情報のアクセス方法について

一般の図書館では分類別に並べられた大量の書籍のタイトルから、その書籍の内容を推定して目次で確認しながら情報を探すことになるが、『国立国会図書館デジタルコレクション』では、本の①タイトル②著者③各章④出版社⑤出版年がデータベース化されているので、書籍検索を用いることにより、調べていることと関係のありそうな書物を容易に探しだすことができる。

1.『国立国会図書館デジタルコレクション』で書籍を探す方法

①『国立国会図書館デジタルコレクション』にアクセス

http://dl.ndl.go.jp/

②検索ボックスに、探している情報のキーワードを入力

(複数入力の場合は間にスペースを入れる) 

ここでは「陸奥宗光」「条約改正」の2つのキーワードを入力

(探している情報が載っている書籍のタイトルが分かっている場合は、書籍名を入力。)

③検索ボタンをクリック

タイトル名、章名、著者名などで、キーワードを含む書籍・論文のデータ一覧が即座に入手できる。図書だけで26冊が該当していることがわかる。

④著者、章の内容から求めている情報が書かれていそうな本を絞り込む

⑤絞り込んだ本のページの内容を一つずつ読んで確認していく

本のタイトルのリンクではなく、目次の右端にある⇒ボタンを押すと該当のページに移るので、実際に読んでみる。次のページに進む場合は、書籍の画像の右にある▷ボタンをクリックする。前のページに戻す場合は画像の左にある◁ボタンをクリックする。

『国立国会図書館デジタルコレクション』で、求めている情報が見つかった場合

実際に読んでみて、探していた情報、興味のある記述が、たとえば渡辺幾治郎 著 の『 外交と外交家 』(永続的識別子ndljp/pid/1444909)の121ページで見つかったとする。

章の途中で重要な記述を見つけて、その該当ページをURLで指定したい場合は、

http://dl.ndl.go.jp/info:永続的識別子/コマ番号

が、そのページのURLとなる。

同じ本であれば 永続的識別子は 変更する必要はないので、コマ番号だけを修正して打ち直す必要がある。

上の画像のURLの青い線で囲んだ数字(コマ番号)を赤い線で囲んだ数字に置き換えればよい。

『国立国会図書館デジタルコレクション』で見つけた書物などを転載したい場合

デジタル化資料のうち、個々の画像の書誌情報の公開範囲の記載が「インターネット公開(保護期間満了)」となっているもの は、転載申し込みは不要。

公開範囲の記載が「インターネット公開(裁定)」や「インターネット公開(許諾)」となっている場合には、事前に転載依頼フォームからの申し込みが必要。

詳しくは下記URLを参照ください。

http://www.ndl.go.jp/jp/use/reproduction/index.html

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【人気記事ランキング50 最近90日間】

ネットで読める都道府県史、主要市史3968 views
廃仏毀釈で寺宝を奪い取り、売却して私腹を肥やした県令がいた470 views
東大寺の廃仏毀釈・神仏分離の危機と倒壊の危険があった大仏殿397 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)384 views
東本願寺がなぜ北海道開拓にかかわることになったのか323 views
新政府の仇敵である徳川家の聖地・日光東照宮が残された経緯314 views
わが国が中国やインドのようにアヘンに毒されなかったのはなぜなのか302 views
桜田門外の変と、その後の薩摩藩、彦根藩、幕府の動き298 views
法隆寺における廃仏毀釈・神仏分離の危機297 views
神仏分離令のあと徹底的に破壊された鶴岡八幡宮288 views
外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応269 views
イタリアはなぜ英米と戦ったのか~~GHQが焚書にしたイタリア関連書籍263 views
A級戦犯の大川周明はペリーの来航をどう書いているのか~GHQ焚書『英米東亞侵略史』262 views
祇園感神院(八坂神社)の神仏分離と祇園祭への影響258 views
神仏分離令のあと金毘羅大権現の仏像・仏具が徹底的に破壊された経緯258 views
英国が中国に排日運動を焚きつけ、国際連盟を利用し我が国の孤立化を図った事情~~GHQ焚書・石丸藤太『大英国民に与う』256 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス255 views
GHQに焚書処分された満州関連書籍に何が書かれているのか~~長与善郎著『少年満州読本』249 views
「毎日新聞」の京都版に『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』の書評が載りました245 views
北野天満宮の神仏分離と、菅原道真の御神体として祀られてきた仏舎利の行方245 views
ネットで読める偉人伝244 views
石清水八幡宮の廃仏毀釈と本尊・薬師如来の行方237 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇1235 views
伊勢神宮神領地域の廃仏毀釈と、長期間の遷宮の中断に終止符を打った慶光院233 views
GHQに焚書処分された米国留学経験のある新聞記者の本~~棟尾松治『アメリカの実力』231 views
明治新政府の役人に社殿焼き払いを命じられた厳島神社229 views
一度神社にされたのち寺院に戻った吉野金峯山寺228 views
比叡山門前町として栄えた坂本と穴太衆223 views
GHQが焚書にしたタイ国や山田長政について書いた書籍~~『タイ国通史』『泰国風物詩』223 views
台湾を占領したオランダと戦った日本商人・浜田弥兵衛218 views
GHQは満州事変について何を隠そうとしたのか~~桜井忠温 著『常勝陸軍』216 views
ネットで楽しめる江戸時代の名所図会、地誌など214 views
信長が最後にイエズス会と敵対する行動を取ったのはなぜか211 views
GHQが焚書処分した陸軍関係書籍~~『われ等の日本陸軍』、『支那陸軍改造論』210 views
GHQが焚書処分したナチスやドイツ関係書籍~~『ナチスの放送戦争』『総力戦と宣伝戦 : ナチス思想謀略の研究』205 views
秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む1203 views
明治二年に談山神社になった多武峰妙楽寺203 views
GHQ焚書・長野朗著『民族戦』に描かれた、漢人の侵略の仕方196 views
藩主自らが率先して廃仏毀釈を推進した苗木藩の事情194 views
オランダの三百年にわたる植民地統治手法~~GHQに焚書処分された『蘭印現状読本』『蘭印の設営』193 views
竹生島で強行された神仏分離と宝厳寺に残された本尊の弁財天像191 views
わが国が宣伝戦・情報戦に弱いことを指摘した徳富蘇峰~~GHQ焚書『必勝国民読本』190 views
高野山は戦国時代の危機を如何に乗り越えたか184 views
水戸藩の徳川光圀と徳川斉昭による廃仏毀釈とその目的184 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人3180 views
孝明天皇は病死したのか、あるいは毒殺されたのか169 views
GHQに焚書処分された国防関係書籍~『帝国国防の危機』『非常時と日本の国防』165 views
高橋亀吉著『戦時経済講話』を読む~~GHQに焚書処分された経済関連書籍163 views
すべての寺院を破壊した鹿児島藩の廃仏毀釈~~鹿児島藩2163 views
GHQが焚書処分した「地政学」の本に何が書かれているか~~小牧實繁『地政学上より見たる大東亜』161 views
スポンサーリンク
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』

コメント

  1. 御本の出版おめでとうございます。近所の書店に注文しました。しばやん様のご考察が印刷物になって手に取ることができるのは有り難いです。きっと、私にとっても新しい発見があることと思います。
    FC2ブログのほうが、なぜか見ることができないので(タイトルは表示されるのですが、本文の部分は空白になっています。使っているのはMacです)こちらに投稿いたしました。
    これからも、よい記事をよろしくお願いいたします。

  2. 業務連絡です

    「しばやんの日々」FC2ブログは、やはり本文を見ることができません。本文部分が空白になっています。
    右袖にあるリンクは見ることができるのですが、「歴史逍遙」へのリンクは、こちらのページではなく、FC2のページにリンクされています。このブログにたどり着くことは、リンクからではできないようです。
    このところ、宇田先生のブログも本文が見えません(しばやん様のFC2ブログと同様に、ヘッダーは見えるのですが、本文が空白のページになります)。南蛮人の奴隷貿易について書いているページが、嫌がらせを受けているように感じます。
    何か、改善方法が見つかると良いのですが。

    • すみません。右袖のリンク先の誤りは訂正しました。ご指摘いただき、ありがとうございます。

      ブログの本文が見えない理由はよくわかりません。宇田先生のブログは私のPC(windows10)でもタブレットでも問題なく見れますが、今もそんな状態なのでしょうか。左上の記事一覧を押してみてリストは見れる状態でしょうか。他のサイトは問題なく見れるのでしょうか。
      どんなPCも使っているうちに重たくなりますが、対策を実施しても同じでしょうか。

  3. しばやん様

    旧来の「しばやんの日々」が表示されない理由が分かりました。セキュリティソフトが、悪さをしていた模様です。
    入っているセキュリティソフトが、ESETという会社のものなのですが、検索してみたら同じ症状が出ている方が複数いました。しかし、Macで、同じソフトを入れている機械が2台あるのですが、この症状が出るのは1台だけです。
    症状は、左上の記事一覧をクリックしても、ヘッダのタイトルをクリックしても、本文の部分が白いだけの状態になります。この方の症状と全く同じです https://anote.work/2441
    今日は、宇田先生のページは見えました。
    根本的な改善策はないようなので、とりあえず、旧来の「しばやんの日々」を拝見するのは、違う機械を使うことにします。お騒がせしました。

    • 情報ありがとうございます。原因がはっきりしてよかったです。
      私が昔使っていたセキュリティソフトが以前「国際派日本人養成講座」のような真面目なサイトをブロックしたことがありましたが、特定勢力にとって都合の悪い記事を書くサイトをはじくように設定されているのかもしれませんね。