GHQに焚書処分されたオランダ関連書籍

 オランダは、 江戸時代初期から幕末に至るまで、西洋諸国では唯一わが国が外交貿易関係を維持し続けた国だが、第二次大戦では オランダ領東インド政庁が独断で宣戦布告し、わが国と戦った国でもある。戦前は現在のインドネシアやボルネオ、西ニューギニアがオランダの植民地であった。

 GHQ焚書のうち、オランダ関連書籍を探すとすべてがオランダの植民地に関する本ばかりで、全部で34冊あり、以下がそのリストである。うち9冊が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。復刊されている書籍はない。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
旧蘭領ボルネオ木村義吉朝日新聞社
刻下の南太平洋 : 日蘭会商の
経過と其経済的再吟味
辻森民三 開南同盟本部https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276397昭和10
最近私の見て来た蘭印吉屋信子主婦の友社
世界地理政治大系4 蘭領印度別枝篤彦白揚社
南方の将来性 
台湾と蘭印を語る
大阪毎日新聞社編大阪毎日新聞社
南洋地理大系5 
東印度1、旧蘭印
飯本信之 
佐藤弘 編
ダイヤモンド社
日蘭会商を中心として観たる
日蘭印貿易の現状
寺尾 進南方経済調査会
マレー蘭印紀行金子光晴山雅房
蘭印、英印、仏印井出諦一郎三省堂
蘭印事情小笠原長丕 羽田書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1278740昭和15
蘭印侵略史デ・クラーク報知新聞
南方調査会
蘭印生活二十年和田民治 講談社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1267140昭和16
蘭印探訪記大毎、東日映画部東亞書房
蘭印統計書. 1940年版蘭印経済部
中央統計局
国際日本協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1903571昭和17
蘭印読本斎藤武治 編誠美書閣
蘭印と日本松本忠雄ダイヤモンド社
蘭印の資本と民族経済浜田恒一 ダイヤモンド社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1276280昭和16
蘭印の重要性とは佐藤 茂森山東栄堂
蘭印の石油資源神原 泰朝日新聞社
蘭印の設営遠藤正 湯川弘文社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044164昭和17
蘭印の知識朝倉純孝松山房
蘭印の土地制度我妻 栄東亞研究所
蘭印は動く加藤鐐五郎新愛知新聞社
蘭印風物詩小津さちを 
小津幸雄
刀江書院
蘭印・仏印史大江満雄鶴書房
蘭印、仏印の近状 前編神戸市
産業研究所編
神戸市
産業研究所
蘭印を解剖する石田重忠学芸社
蘭領印度事情博文館編輯局 編博文館
蘭領印度叢書. 上巻蘭印事情講習会 編愛国新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1160110昭和15
蘭領印度石油事情について山田不二山田不二
蘭領印度農業政策史関 嘉彦中央公論社
蘭印現状読本石沢豊 新潮社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044168昭和16
蘭領ニューギニア買収案松江春次 松江春次https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1711880昭和9
蘭領東印度I.レーベル岡倉書房
スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

 無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、お取り寄せは全国どこの店舗でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント