布教権を中国市場開拓の武器とした米国に関する新聞記事を読む

神戸大学新聞記事文庫

中外商業新報「支那に於ける米国勢力」を読む

 前回の記事で、中国に利権を得た欧米列強が宣教師を送り込み学校や病院を建設した一方、わが国は清国との条約上布教の自由が認められていたにもかかわらず、欧米の圧力に屈した支那政府から拒絶され、我が政府は布教権問題の解決を棚上げにしたことを記した大正四年(1915年)の新聞記事を紹介させていただいた。
 当時の政府がどの程度認識していたかは不明だが、アメリカが中国に多くの宣教師を送り込み、さらにキリスト教系の学校や病院を建設して人心を収攬していることに警鐘を鳴らしている新聞もあった。 

大正6年6月22日 中外商業新報 神戸大学経済経営研究所所蔵 新聞記事文庫

 上の画像は大正六年(1917年)六月二十二日から四回に分けて中外商業新報に連載された「支那に於ける米国勢力」という連載記事の第一回目の切り抜きである。ここで記者は、アメリカが支那四億の人心を収攬するに努めて着々と成功をあげている点に注目し、次のように述べている。

 無形なる利権とも謂うべき人心収攬の方法に至りては実に到れり尽せりと云うべく、此の一事に想到すれば、米国の対支策なるものが決して不用意にして何等根底なきものとは断ずべからず
 先ず全支那に亘りて伝道師を簡派し、所謂宗教の伝道に名を仮りて一種の政治的運動を為し居ること之れなり。此の手段は啻(ただ)に自国の勢力を扶植するに止まらず、延いて排日を鼓吹するの跡歴然蔽うべからず
 其他各地に学校を設置し子弟の教養に託して隠密の間排日観念を養うに至る加之(しかのみならず)各地に病院を起して施療を行い、其他あらゆる社会的慈善事業に鞅掌(おうしょう)して盛に恩を售(う)るの行為は軈(やが)て何者を求め何者を得んとするにあるか。蓋(けだ)し閑却すべからざるものあり。

 茲(ここ)に一層の注意を払うべきは、米国伝道師に指導せらるる青年会の活動是なり。青年会の最も盛なるは福建、湖南、湖北の三省にして、名は青年会と云い主意とする処は宗教的に精神修養を行うと云うにあるも、其実況を見れば一種の政社とも云うべく、説くところ政談ならざるはなく、青年の情緒を導きて親米観念を起さしめ間接に排日を煽動するの傾向を認むるは、要するに巧妙なる侵略政策を行うものとも見るを得可し

大正6年6月22日 中外商業新報 神戸大学経済経営研究所所蔵 新聞記事文庫

 アメリカが獲得していた中国利権には石油採掘権や鉄道敷設権などがあったのだが、それ以外に「布教権」を「無形なる利権」として将来最大限活用する準備をしていることを述べている。すなわち、キリスト教伝道を名目にしてキリスト教系の病院や学校を建設することで、中国民衆に親米に傾け、その後は中国民衆に排日観念を植え付けるなど、様々な世論工作が可能となる。この「無形の利権」は、アメリカが「巧妙なる侵略政策」を行う武器となりうることを注意すべきだと指摘しているのだ。

 以前このブログの「歴史ノート」で、わが国が日露戦争の奉天会戦で勝利した頃からアメリカのカリフォルニア州で日本人排斥運動が始まり、その後わが国が日露戦争に勝利した後に全米に排日運動が拡大していったことを書いたが、この流れからすれば、アメリカは中国においても排日運動を仕掛けることを、我が政府はもっと早くから想定して対策を講じるべきであったと思う。

欧米列国とわが国の対中貿易の推移

 同年の五月十四日付の中外商業新報に、一八七〇年~一九〇五年の対中国貿易額がまとめられている。かつてはイギリスが他国を圧倒していたのだが、わが国が日露戦争に勝利して以降わが国の貿易額が大幅に増加しはじめ、その後イギリスを追い抜くことになるのである。 

大正六年五月十四日 中外商業新報 神戸大学附属図書館所蔵 新聞記事文庫

 記事にはこう記されている。

 支那の外国貿易は逐年発達の趨勢を辿り、時局勃発せる西暦千九百十三年には輸入五億七千余万両、輸出四億三百余万両、総額九億七千三百余万両という巨額を算し、同国の貿易史上空前の記録を作りたるが、今之に干与(かんよ)せる列国の地位を案ずるに、中継地たる香港は姑く之を問わず、我が日本は輸出入合計一億八千四百余万両を以て第一を占め英吉利(イギリス)は一億千三百余万両にして第二位に居り、亜(つ)いで北米合衆国、露西亜(ロシア)、英領印度、仏蘭西(フランス)、独逸(ドイツ)、白耳義(ベルギー)の順位を取る

 千九百十四年より千九百十五年に懸けて欧洲の戦雲漸く濃やかにして、貿易は為めに多少の減退を示し、対手国の順位亦一部に変動を来したるも我日本の地位は依然として渝(かわ)らざるのみか輸出入金額は此間に在りて寧(むし)ろ一段の増進を告げたるの跡ありとす。然りと雖も一度千九百年以前即ち十九世紀と溯りて其状勢を顧みんか現時に比して地位の優劣著しく相異し、洵に隔世の感なくむばあらざる也。

大正六年五月十四日 中外商業新報 神戸大学附属図書館所蔵 新聞記事文庫

 このように、一九一三年の数字では対中貿易が最も多かったのが日本で、第二位がイギリス、第三位がアメリカであった。その後第一次世界大戦の影響で列国の順位が大幅に変動し、ドイツ、オーストリアの対中貿易額が激減した中で、大幅に伸ばしたのが日本とアメリカであるという。

 米国及び我が日本の此五ヶ年間に於ける伸展は最も注目すべく、米国は三割強、日本は実に四割強の増加を示せり。試みに千九百十五年に於る日本の貿易額を同年の貿易総額に対比せば輸入は二割六分強、輸出は一割九分弱に相当し、其地位確乎として列国に卓越し来れるを覚ゆ。

大正六年五月十四日 中外商業新報 神戸大学附属図書館所蔵 新聞記事文庫

五四運動以前に各地で始まっていた日貨排斥

大正8年4月26日 大阪朝日新聞 神戸大学経済経営研究所所蔵 新聞記事文庫

 アメリカが対中貿易を拡大していくためには、中国の対日貿易を叩くことが有効な手段であることは言うまでもない。上の画像は大正八年(1919年)四月二十六日付の大阪朝日新聞だが、中国で大規模な排日運動が行われた「五四運動」以前にも、各地で米国の商人や宣教師が主導して日貨排斥が行われていたことが記されている。

 長江一帯の重要都市に於いて、米国の商人及び宣教師が、支那人の多数頑愚者を煽動して排日貨熱を鼓吹しつつありというは、之れを支那側より見て在巴里(パリ)使節に声援を与うものと誤解せるか知らざるも、日本との経済関係を少時にても絶たんとするは天に向って唾するものなり。米国商人若し此の陋劣策を以て排日親米の目的を達せんと欲せば、是れ亦極めて浅慮なる近視的商策と謂うべく、遠からず或る時期を迎えば以夷制夷の返報は軈て米国に対して与えらるべし。基督(キリスト)教の宣教師が如上の如き下劣なる目的に使用され、商権拡張の手伝のため排日熱の煽動に従事しつつありと云う如きは、羊の皮を被れる狼の振舞なり。果して其筋着電(二十四日本紙第二頁)の如く、宣教師が『対日貿易中止』の煽動文印刷物を頒布するの挙をすら敢て為るならば、我が日本政府は正面より抗議を申込まざるべからず。是等を放任し置くの危険は洵(まこと)に恐るべきものあればなり。

大正8年4月26日 大阪朝日新聞 神戸大学経済経営研究所所蔵 新聞記事文庫
パリ講和会議 国際連盟委員会メンバー (Wikipediaより)

 記事文中にある「巴里(パリ)」とは、当時開かれていたパリ講和会議のことを指すが、この会議の国際連盟委員会でわが国の全権牧野伸顕が「国際連盟規約」中に人種差別撤廃を明記することを提案していた。四月に開かれた国際連盟委員会最終会合に於いて牧野はこの提案の採決を要求し、議長のウィルソン米大統領を除く出席委員十六名のうち十一名が賛成票を投じたのだが、議長のウィルソンは「全会一致でないため提案は不成立である」と宣言し、否決してしまった。
 牧野が最初にこの提案を行ったのは二月十三日のことだが、わが国がこの提案をしたこととアメリカが中国で排日・抗日運動を仕掛けたことは、おそらく無関係ではなかっただろう。

五四運動でデモ行進する北京大学の学生(Wikipediaより)

 五月四日には北京で抗日・反帝国主義を掲げる大規模な大衆運動(五四運動)が行われたのだが、その中心メンバーは北京大学生であり、北京大学は米国宣教師が創立したキリスト教系の大学であることを知るべきである。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

【ブログ内検索】
大手の検索サイトでは、このブログの記事の多くは検索順位が上がらないようにされているようです。過去記事を探す場合は、この検索ボックスにキーワードを入れて検索ください。

 前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、2019年の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しました。長い間在庫を切らして皆様にご迷惑をおかけしましたが、このたび増刷が完了しました。

全国どこの書店でもお取り寄せが可能ですし、ネットでも購入ができます(\1,650)。
電子書籍はKindle、楽天Koboより購入が可能です(\1,155)。
またKindle Unlimited会員の方は、読み放題(無料)で読むことができます。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

 

コメント

タグ

GHQ検閲・GHQ焚書194 対外関係史81 地方史62 ロシア・ソ連57 中国・支那52 神戸大学 新聞記事文庫42 イギリス40 反日・排日40 共産主義38 神社仏閣庭園旧跡巡り36 日露戦争33 軍事31 アメリカ31 著者別31 政治史29 欧米の植民地統治29 ユダヤ人29 京都府28 神仏分離28 朝鮮半島26 コミンテルン・第三インターナショナル26 廃仏毀釈26 外交史25 情報戦・宣伝戦22 テロ・暗殺22 対外戦争22 キリスト教関係史21 西尾幹二動画20 菊池寛19 支那事変18 一揆・暴動・内乱17 GHQ焚書・50音別リスト16 満州16 豊臣秀吉16 ハリー・パークス16 海軍13 西郷隆盛12 東南アジア12 紅葉11 陸軍11 ルイス・フロイス11 アーネスト・サトウ11 分割統治・分断工作10 倭寇・八幡船10 奴隷10 大阪府10 ドイツ10 徳川慶喜10 不平士族10 戦争文化叢書10 人種問題10 ペリー9 奈良県9 和歌山県9 神仏習合9 イエズス会9 神社合祀9 岩倉具視9 フランス9 寺社破壊9 伊藤痴遊9 伊藤博文8 A級戦犯8 韓国併合8 インド8 ロシア革命8 オランダ8 ナチス8 小村寿太郎7 ジョン・ラッセル7 修験7 徳川斉昭7 情報収集7 欧米の侵略6 文化史6 飢饉・食糧問題6 関東大震災6 木戸孝允6 大久保利通6 ジェイコブ・シフ6 兵庫開港6 永松浅造6 ロッシュ6 自然災害史6 大東亜戦争6 大隈重信5 滋賀県5 ウィッテ5 ジョン・ニール5 金子堅太郎5 長野朗5 日清戦争5 奇兵隊5 隠れキリシタン5 アヘン5 財政・経済5 国際連盟5 山縣有朋5 紀州攻め5 高須芳次郎5 児玉源太郎5 満州事変5 スパイ・防諜4 旧会津藩士4 日本人町4 東郷平八郎4 井上馨4 武藤貞一4 阿部正弘4 小西行長4 山県信教4 平田東助4 堀田正睦4 石川県4 南方熊楠4 高山右近4 乃木希典4 兵庫県4 三国干渉4 フランシスコ・ザビエル4 水戸藩4 日独伊三国同盟4 フィリピン4 孝明天皇4 スペイン4 井伊直弼4 ナチス叢書4 西南戦争4 東京奠都4 満洲3 津波3 桜井忠温3 福井県3 張作霖3 プチャーチン3 生麦事件3 徳川家臣団3 藤木久志3 督戦隊3 関東軍3 竹崎季長3 川路聖謨3 鹿児島県3 士族の没落3 勝海舟33 ファシズム3 日米和親条約3 平田篤胤3 王直3 ガスパル・コエリョ3 薩英戦争3 福永恭助3 フビライ3 山田長政3 シュペーラー極小期3 菅原道真3 中井権次一統3 安政五カ国条約33 朱印船貿易3 北海道開拓33 下関戦争3 イザベラ・バード3 タウンゼント・ハリス3 高橋是清3 レーニン3 薩摩藩3 台湾3 柴五郎3 静岡県3 伴天連追放令3 松岡洋右3 廃藩置県3 義和団の乱3 プレス・コード3 文禄・慶長の役3 明石元二郎3 和宮降嫁3 織田信長3 ハリマン2 大火災2 坂本龍馬2 伊勢神宮2 富山県2 足利義満2 高知県2 火野葦平2 王政復古の大号令2 三重県2 仲小路彰2 尾崎秀實2 文明開化2 大江卓2 山本権兵衛2 南朝2 沖縄2 南京大虐殺?2 文永の役2 神道2 淡路島2 明治六年政変2 北条時宗2 徳島県2 懐良親王2 地政学2 土一揆2 第二次世界大戦2 大東亜2 弘安の役2 吉田松陰2 オールコック2 領土問題2 豊臣秀次2 板垣退助2 島津貴久2 島根県2 下剋上2 武田信玄2 大川周明2 島津久光2 日光東照宮2 鳥取県2 足利義政2 国際秘密力研究叢書2 大友宗麟2 安政の大獄2 応仁の乱2 徳富蘇峰2 水野正次2 オレンジ計画2 オルガンティノ2 安藤信正2 水戸学2 越前護法大一揆2 江藤新平2 ラス・ビハリ・ボース2 大政奉還2 野依秀市2 福沢諭吉2 シーボルト1 フェロノサ1 徴兵制1 熊本県1 版籍奉還1 福岡県1 陸奥宗光1 穴太衆1 宮崎県1 重野安繹1 山中峯太郎1 鎖国1 藤原鎌足1 加藤清正1 転向1 岐阜県1 宮武外骨1 科学・技術1 五箇条の御誓文1 愛知県1 前原一誠11 伊藤若冲1 ハワイ1 武藤山治1 上杉謙信1 一進会1 大倉喜八郎1 北条氏康1 尾崎行雄1 スターリン1 桜田門外の変1 徳川家光1 浜田弥兵衛1 徳川家康1 長崎県1 日野富子1 北条早雲1 蔣介石1 大村純忠1 徳川昭武1 今井信郎1 鉄砲伝来1 イタリア1 岩倉遣外使節団1 スポーツ1 あじさい1 グラバー1 徳川光圀1 香川県1 佐賀県1 士族授産1 後藤象二郎1 神奈川県1 東京1 大内義隆1 財政・経済史1 便衣兵1 広島県1 大村益次郎1 足利義持1