GHQが焚書処分した「思想」「宣伝」に関する本

 GHQの焚書リストの中に、昭和十二年に海軍省海軍軍事普及部がまとめた『支那の対日宣伝策 : 支那に於ける国防と新聞事業の統制』という本がある。この書物は海軍省が書いたものではなく、支那藍衣社機関紙上海汗血書店発行の「汗血月刊」第八巻第六号(昭和12年3月号)で趙占元という人物が書いた「国防と新聞事業の統制」という論文を、海軍省の東亜経済調査局が要約したものである。

 このような本がGHQによって、戦後の日本人に読めないように没収・廃棄されてしまったのだが、なぜGHQは中国人の著した著作を焚書にしたのかを考えると、中国や戦勝国にとって都合の悪いことが書かれていたということであろう。

 著者の趙占元は戦時中の宣伝の目的についてこう述べている。文中の「国内」とは、もちろん中国のことであり、「敵国」は、日本と読み替えて良いし、当時の中国側の発表には、真実報道とは異なる目的があったことを念頭に置いて読むべきである。

 敵国に対する宣伝は、敵国民衆の中心信念を動揺せしめ、その統一精神を破壊し、その経済生活の痛苦を暴露し、その現存政治の組織を擾乱し、敵国国民の戦闘意識を壊滅せしむるにある

 対内宣伝の目的は本国国民を激励し政府の対外政策の施行を認識せしむるとともに、国民をして極力政府を援助し、熱烈に擁護し、誓って後楯とならしむるにある。最後の犠牲を必要とする抗戦の時期にあれば、さらに一層た自国国民をして敵国に対して挙国一致して不倶戴天の敵愾心を起さしむるとともに、その戦争意識を増強し、最後の勝利を獲得し得ることを確信せしむるにある。今日国内においては漢奸匪党が謡言を製造し、邪説を伝播し、人民の視聴を困惑しているがゆえに、新聞界においては力を国内宣伝に注ぎ、人民の思想を正軌に入らしむるべきであって、これは国際宣伝よりも更に重要性を持っている

『支那の対日宣伝策 : 支那に於ける国防と新聞事業の統制』海軍省海軍軍事普及部 昭和12年刊 p.25~26
支那の対日宣伝策 : 支那に於ける国防と新聞事業の統制 - 国立国会図書館デジタルコレクション

 このような考え方は、いつの時代もどの国でも為政者であれば、そのようにあって欲しいと願うものだと思うのだが、昨今のわが国のマスコミでは、非常時であるにもかかわらず、政権の足を引っ張るような報道が目に付いてしまうし、外国の報道を安易に信用しすぎではないか。

 クラウゼヴッツは戦争の手段を、①敵の武力を壊滅すること ②その資源を占領すること ③その世論を征服することの三つに分けたが、もし、宣伝戦で相手国の世論を征服し、戦わずして目的を達することができればそれが一番望ましいことは言うまでもない。戦後のわが国は、どこかの国が政治家などに圧力をかけて、マスコミを使って世論工作をすれば、簡単に援助を得ることが出来る国になってはいないか。

 下記のリストは、GHQ焚書リストの中から、タイトルに「思想」「宣伝」を含む著作を集めたものだが、全部で78点があり、うち32点が「国立国会図書館デジタルコレクション」でネット公開されている。

 わが国が諸外国に宣伝戦で負けないためには、戦前に出版された書物が少しは参考になるのではないだろうか。

タイトル著者・編者出版社国立国会図書館デジタルコレクションURL出版年
欧州の宣伝戦とは 
戦争は戦争でない
山口勝治 編厚生書院事業部
大川周明博士その思想左山貞雄大同書院
恩の思想川合貞一 東京堂https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1038388昭和18
加藤弘之の国家思想田畑 忍河出書房
教学と思想統一西晉一郎国民精神文化
研究所
近世国体思想史論伊東多三同文館
近代政治思想と皇道藤沢親雄 青年教育普及会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1228417昭和12
近代独逸哲学思想の研究.
第2巻
越川弥栄 修学館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1038955昭和19
勤王思想の発達本夛辰次郎日本学術普及会
決戦態勢下の思想対策三島助治国際政治経済
研究所
現代思想戦史論野村重臣 旺文社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062859昭和18
現代思想の歴史的批判中村孝也 青年教育普及会
現代の問題としての
復古思想
竹岡勝也目黒書店
五・一五事件背後の思想伊福部隆輝 明治図書出版https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1459120昭和8
皇国思想の本源紀元二千六百年
奉祝会
皇国青年教育
協会
皇道思想はどんな思想か鄭然圭 満蒙時代社
皇道主義思想の確立藤井章 高陽書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1038375昭和15
国体思想論広島文理大
精神科学会
目黒書店
国体と思想国防志水義暲 清水書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1044864昭和17
国体の淵源日本精神
日本思想の原理
塩田盛道建国講演会
国民思想の動向水島 斉不明
国家宣伝統制森崎善一宣伝統制局
国旗、皇道、正中思想熊崎健翁 五聖閣出版局
最近思想学校訓練実践
の進歩
厚生閣編輯部編厚生閣
思想維新論三島助治 国民政治経済
研究所
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273642昭和17
思想決戦 
敵思想侵攻と撃碎
中井良太郎 鳴玄社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460324昭和19
思想決戦記水野正次 秀文閣書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450655昭和18
思想国防の神髄田中智学 天業民報社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460200昭和17
思想戦棟尾松治文芸社
思想戦 :
近代外国関係史研究
吉田三郎 畝傍書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1062862昭和17
思想戦経済戦陸軍省つはもの
編輯部 編
軍事科学社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1457952昭和9
思想戦大学講座大日本言論
報国会
時代社
「思想戦」と宣伝神田孝一 橘書店https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1462333昭和12
思想善導の根本義秦俊七郎 民友社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1279582昭和3
思想戦と科学荒木俊馬新太陽社
思想戦と国際秘密結社北條清一晴南社
思想戦の根基大日本言論
報国会
同盟通信社
思想戦の勝利へ高須芳次郎 大東亜公論社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1038432昭和18
思想戦より観たる
敵アメリカ
小林五郎 述世界思想戦
研究所
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1270374昭和18
思想戦略論小林知治 地平社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460326昭和18
思想戦論志村陸城 赤坂書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460329昭和19
思想戦を語る下中弥三郎 泉書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439722昭和19
思想闘争と宣伝米山桂三目黒書店
思想と剛柔桂川畦菽松雲堂書店
思想問題と学校教育吉田熊次日本文化協会
思想問題と国民精神亘理章三郎 大成書院
支那思想概説 
日支事変に就いて
諸 橋 述山崎作治
支那事変に於ける
敵の戦場思想工作の一観察
教育総監部 編教育総監部 
支那の対日宣伝策 海軍省
海軍軍事普及部
海軍省
海軍軍事普及部
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1445903昭和12
世界大戦における
仏独両軍戦術思想の変遷
廣 良一 訳偕行社
全国思想関係新聞雑誌調警保局図書課内務省
戦争経済思想 9本領信治郎日本電報通信社
戦時宣伝論小山栄三三省堂
戦争思想の研究松下芳男不明
戰爭と思想野村重臣 富強日本協會https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1085785昭和19
戦争と思想動員法貴三郎 日新書院https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460320昭和17
戦争と宣伝F.C.パートレット高田書院
全体思想の再検討 
第十九編
大串兎代夫 国民精神文化
研究所
宣伝技術報道技術
研究会編
生活社
宣伝戦中島鉱三ダイヤモンド社
宣伝戦の史家と理論戸沢鐵彦中央公論社
総力戦・思想戦・教育戦寺田弥吉 敞文館https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460251昭和18
総力戦と宣伝戦
ナチス思想謀略の研究
水野正次 新民書房https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450656昭和16
大東亜戦争と思想戦竹田光次週刊産業社
大東亜戦争の思想謀略水野政次霞ヶ関書房
大東亜の思想大串兎代夫 モダン日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1273648昭和17
中道思想及びその発達宮本正尊法蔵館
敵国アメリカの戦争宣伝中野五郎 新太陽社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1460325昭和20
独逸宣伝中隊の組織と活躍川端勇男スメル書房
ドイツ的戦略とは :
戦争と謀略・宣伝
水野正次 名古屋新聞社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1463175昭和15
独逸の宣伝組織と其の実際外務省調査部 編日本国際協会https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450457昭和15
東亜協同体思想を撃つ篁 実小倉虎治
東亜聯盟結成論 : 東亜宣化
(思想戦)の原則的研究
東亜思想戦
研究会
東亜思想戦
研究会
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1457117昭和13
ドイツ宣伝中隊員の手記稲本勝彦晴南社
ナチス思想批判蓑田胸喜 原理日本社https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1268325昭和15
ナチス思想論山本幹雄アルス
日本歴史と思想戦佐藤忠恕昭和刊行会
米国に於ける思想戦東亜研究所東亜研究所https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439300昭和18

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
   ↓ ↓

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

 ブログ活動10年目の節目に当たり、前ブログ(『しばやんの日々』)で書き溜めてきたテーマをもとに、昨年(2019年)の4月に初めての著書である『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』を出版しています。
 通説ではほとんど無視されていますが、キリスト教伝来以降ポルトガルやスペインがわが国を植民地にする意志を持っていたことは当時の記録を読めば明らかです。キリスト教が広められるとともに多くの寺や神社が破壊され、多くの日本人が海外に奴隷に売られ、長崎などの日本の領土がイエズス会などに奪われていったのですが、当時の為政者たちはいかにして西洋の侵略からわが国を守ろうとしたのかという視点で、鉄砲伝来から鎖国に至るまでの約100年の歴史をまとめた内容になっています。
 読んで頂ければ通説が何を隠そうとしているのかがお分かりになると思います。興味のある方は是非ご一読ください。

無名の著者ゆえ一般の書店で店頭にはあまり置かれていませんが、紀伊国屋書店の下記10店舗に令和3年の2月末まで、各1冊だけですが常備陳列されることになっています。
川越店、流山おおたかの森店、梅田本店、グランフロント大阪店、川西店、クレド岡山店、広島店、久留米店、熊本光の森店、アミュプラザおおいた店
お取り寄せは上記店舗だけでなく、全国どこの書店でも可能です。もちろんネットでも購入ができます。
令和二年三月末より電子書籍もKindle、楽天Koboより販売を開始しました。

内容の詳細や書評などは次の記事をご参照ください。

コメント