プロフィールと読者のみなさんへ

スポンサーリンク

プロフィール

京都のお寺の次男として生まれ育ち、中学・高校はキリスト教系のミッションスクールで学び、普通の大学の経済学部に入学し、大学卒業後は普通の会社員となる道を選びました。

学生時代はあまり歴史に興味を覚えず、どちらかというと数学や理系の勉強の方が好きでした。

社会人になって一度転職を経験し、自分を見つめなおす機会を持ちました。その後、実家の寺のことを調べているうちに廃仏毀釈に興味を覚え、それから幕末から明治の歴史に関心が広がっていきました。調べているうちに、学生時代に学んできた歴史はつまるところ勝者にとって都合の良いように描かれたものであり、その歴史叙述が真実であるとは限らないことに気が付きました。

それから日本史全般に興味が広がっていき、いつの時代でもどこの国でも、勝者は勝者にとって都合の良い歴史を残そうとし、都合の悪いことには蓋をする。そうして編纂された歴史を国民に広めて自らの政権の正統性を伝え、政治を安定化させようとする傾向にあるのではないかと考えるようになりました。

敗者には敗者の歴史があり、権力闘争とは無関係や人々には、またそれぞれ異なる歴史がある。それぞれの時代を 勝者の視点だけから見るのではなくて、異なる視点から考えることによって、より真実に近づくことが出来るのではないかと思い、学生時代に無批判に受け入れて来た勝者の歴史を見直してみたいという衝動にかられて、自分なりに様々な情報を求めるようになりました。

2009年から『しばやんの日々』というタイトルではじめたばかりの私のブログに、歴史の話題を書いたところ好評をいただき、もっと続けてほしいと要望が出たのでブログを日本史の話題を中心にすることに決めたのですが、会社勤務を続けながら昔のことを調べて毎週記事を書くことは、最初の頃はつらいものがありました。しかしながら、読者の方から時々いただける温かい言葉やコメントをいただくことが励みとなり、次第に書くことが楽しくなっていきました。

自分一人が勉強するだけでは、とてもここまで調べることはなかったと思います。読者の皆さんから良い刺激をいただいていることが励みとなり、いろんな時代のことを調べるきっかけとなりました。ここまで続けることが出来た のは、読者の皆さんのお蔭であると感謝しています。

今年で私のブログ生活も10年になります。今まで長い間無料のブログサービスを用いて活動を続けてきましたが、無料のサービスはいつ閉鎖になっても文句は言えません。実際のところ、最初に利用したブログサービスは5年後に閉鎖されましたし、現在利用しているサービスもこれからの事はよくわかりません。

2019年1月に勤務していた会社を定年退職したことを機に、サーバー契約を結んで独自ドメインを取得しました。

また、今までのブログ活動の、鉄砲伝来以降の約100年の歴史に関する記事をまとめ、『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』というタイトルで、2019年4月に株式会社文芸社から本を出しました。

初めての著書は、無名のライターゆえにごく一部の書店にしか置いて頂けておりませんが、全国どの書店でもお取り寄せが可能です。もちろん、アマゾンや楽天などのネットでも購入ができます。増刷も完了しましたので、在庫不足の状態は解消しています。

大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか[Amazon]

大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか [ 楽天 ]

本の販売がスタートして落ち着いたあとは、こちらのサイトにブログ活動の軸足を移していく予定です。新しい記事を載せるだけでなく、以前に旧「しばやんの日々」で書いた記事をリニューアルしてこちらの方に移していき、このサイトを充実させていく所存です。

デザインはいずれ変えることも検討しますが、ワードプレスの使い方に慣れるまで、もう少し日数がかかりそうです。しばらくは、シンプルなブログ画面にお付き合いください。

今後ともよろしくお願いいたします。

読者のみなさんへ

ブログや 動画、Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログからの転載であることを明記の上、記事のURLを付記していただくようよろしくお願い致します。表題や文章の多くをコピペして紹介する行為は、検索サイトのペナルティを受ける事になりますので禁止させていただきます。

コメントは歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、SNSや掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメント、言葉遣いが不適切と思われるものは、管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。

コメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。なお、匿名のコメントには原則お答えしませんので御承知おきください。

スポンサーリンク
しばやんをフォローする
スポンサーリンク
歴史逍遥『しばやんの日々』