プロフィールとお知らせなど

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロフィール

 京都のお寺の次男として生まれ育ち、中学・高校はキリスト教系のミッションスクールで学び、普通の大学の経済学部に入学し、大学卒業後は普通の会社員となる道を選びました。

 学生時代はあまり歴史に興味を覚えず、どちらかというと数学や理系の勉強の方が好きでした。

 社会人になって一度転職を経験し、自分を見つめなおす機会を持ちました。その後、実家の寺のことを調べているうちに廃仏毀釈に興味を覚え、それから幕末から明治の歴史に関心が広がっていきました。調べているうちに、学生時代に学んできた歴史はつまるところ勝者にとって都合の良いように描かれたものであり、その歴史叙述が真実であるとは限らないことに気が付きました。

 それから日本史全般に興味が広がっていき、いつの時代でもどこの国でも、勝者は勝者にとって都合の良い歴史を残そうとし、都合の悪いことには蓋をする。そうして編纂された歴史を国民に広めて自らの政権の正統性を伝え、政治を安定化させようとする傾向にあるのではないかと考えるようになりました。

 敗者には敗者の歴史があり、権力闘争とは無関係な人々には、またそれぞれ異なる歴史がある。それぞれの時代を 勝者の視点だけから見るのではなくて、異なる視点から考えることによって、より真実に近づくことが出来るのではないかと思い、学生時代に無批判に受け入れて来た勝者の歴史を見直してみたいという衝動にかられて、自分なりに様々な情報を求めるようになりました。

 2009年から『しばやんの日々』というタイトルではじめたばかりの私のブログに、歴史の話題を書いたところ好評をいただき、もっと続けてほしいと要望が出たのでブログを日本史の話題を中心にすることに決めたのですが、会社勤務を続けながら昔のことを調べて毎週記事を書くことは、最初の頃はつらいものがありました。しかしながら、読者の方から時々いただける温かい言葉やコメントをいただくことが励みとなり、次第に書くことが楽しくなっていきました。

 自分一人が勉強するだけでは、とてもここまで調べることはなかったと思います。読者の皆さんから良い刺激をいただいていることが励みとなり、いろんな時代のことを調べるきっかけとなりました。ここまで続けることが出来た のは、読者の皆さんのお蔭であると感謝しています。

 今まで長い間無料のブログサービスを用いて活動を続けてきましたが、無料のサービスはいつ閉鎖になっても文句は言えません。実際のところ、最初に利用したブログサービス(Blogari)は5年後に閉鎖されましたし、現在利用しているサービス(FC2ブログ)もこれからの事はよくわかりません。

 2019年1月に勤務していた会社を定年退職したことを機にサーバー契約を結び、独自ドメインを取得して始めたのがこのブログです。

 2019年は新旧の両ブログに記事を書いていましたが、2020年からはこちらのブログのみに新記事を載せることに変更しました。

 まだまだこちらのブログは記事数も少なく、読者数も旧ブログに大きく及びませんが、新しい記事だけではなく、以前に旧ブログで書いた記事をリニューアルしてこちらの方に少しずつ移していき、このサイトを充実させていく所存です。

 旧ブログはたくさんのコメントを頂き、多くの記事が様々なサイトなどでリンクされていて今もよく読まれています。当面は現状のまま存置することとします。

しばやんの日々
2020年より、歴史や歴史散策の新記事は『歴史逍遥しばやんの日々』に掲載しています

初めての著書を出版しました

 また、今までのブログ活動の、鉄砲伝来以降の約100年の歴史に関する記事をまとめ、『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』というタイトルで、2019年4月に株式会社文芸社から本を出しました。

 内容について簡単にコメントすると、大航海時代にポルトガルやスペインがわが国に接近し、わが国をキリスト教化し植民地化とするための布石を着々と打っていったのですが、わが国はいかにしてその動きを止めたのかについて、戦後のわが国では封印されている事実を掘り起こしていきながら説き明かしていく内容です。

 書評についてはアマゾンや楽天などでいくつか出ていますが、詳しい書評として「るびりん書林」さんのサイトを紹介させていただきます。

大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか 単行本(ソフトカバー) – 2019/4/1 しばやん (著) 文芸社 | るびりん書林
キリスト教の負の歴史をほとんど封印している現代社会。秀吉の朝鮮出兵も、島原の乱も、鎖国も、綿密に調べることで、通説が何を隠そうとしているのかがはっきりとしてくる。 大人気ブログ「...

 私の元上司に届いた感想文も、本の内容がよくわかる文章になっているので紹介させていただきます。

 また令和元年8月27日には「東日新聞」で書評が出ました。上の画像がその記事です。

 初めての著書は、無名のライターゆえにごく一部の書店にしか置いて頂けておりませんが、全国どの書店でもお取り寄せが可能です。もちろん、アマゾンや楽天などのネットでも購入ができます。またKindle、楽天Koboで電子書籍も販売しています。価格は紙の書籍よりも少し割安になります。

読者の皆さんへ

 このブログや、FC2ブログ「しばやんの日々」の記事内容について、ブログや 動画、Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎です。ただし 記事の一部引用については、 このブログからの転載であることを明記の上、記事のURLを付記していただくようよろしくお願い致します。表題から文章の全文をそのままコピペして紹介する行為は、検索サイトのペナルティを受ける事になりますので禁止とさせていただきます。

 コメントは歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、SNSや掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメント、言葉遣いが不適切と思われるものは、管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。

 コメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。なお、匿名のコメントは返事がしづらいので、ニックネームなどの記入をお願いいたします。

 以上よろしくお願いいたします。

ご参考(このブログでよく読まれている記事100 最近180日)

『大航海時代にわが国が西洋の植民地にならなかったのはなぜか』の感想文紹介2086 views
秀吉の伴天連追放令と朝鮮出兵の背景を考える~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む12062 views
弘安の役で元軍を襲った台風の後も続いた死闘とその後の元の日本侵攻計画~~元寇51807 views
外国人襲撃事件が頻発する中で起きた生麦事件と英国人らの反応1769 views
秀吉が南蛮貿易を奨励して以降、外国との貿易はどう変わったか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人11353 views
倭寇はなぜ元寇のあとから頻発するようになったのか~~倭寇11328 views
弘安の役における武士たちの活躍~~元寇41249 views
ネットで読めるGHQ焚書 その1(あ行)1163 views
信長が最後にイエズス会と敵対する行動を取ったのはなぜか1082 views
フィリピンの日本人町はどういう経緯でつくられたのか~~朱印船貿易と東南アジアの日本人3892 views
秀吉が朱印船貿易を開始する前後のフィリピン~~朱印船貿易と東南アジアの日本人2829 views
孝明天皇は病死したのか、あるいは毒殺されたのか800 views
種子島に伝来した鉄砲一挺を持ち帰った根来寺のこと780 views
文永の役で優勢に戦っていた元・高麗連合軍の船団がなぜ博多湾から消えたのか~~元寇2767 views
秀吉の朝鮮出兵はなぜ二回行われることになったのか~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む2737 views
『日米通商修好条約』が無勅許で調印された経緯709 views
GHQに没収・廃棄されたアジア・東洋をタイトルに含む書籍~~『大東洋の危機 : 英国よアジアより手を引け』689 views
聖ザビエル像が山奥で発見されたのち、売却された経緯~~隠れキリシタンの里2670 views
石清水八幡宮の神仏分離を追う613 views
シャムで活躍した山田長政とアユタヤの日本人町~~朱印船貿易と東南アジアの日本人4602 views
桂離宮周辺の名所を巡る~~~松尾大社、月読神社、華厳寺(鈴虫寺)、地蔵院(竹の寺)595 views
薩長を支援したイギリスと、幕府に接近し助言し続けたフランス590 views
わが国が中国やインドのようにアヘンに毒されなかったのはなぜなのか518 views
二度目のペリー来航が、約束していた時期より随分早まった経緯482 views
アヘン戦争、アロー号事件のあとイギリスが中国に押しつけた不平等条約476 views
朝鮮総督府がまとめた朝鮮史475 views
後期倭寇の実態はいかなるものであったのか~~倭寇4468 views
皇女和宮を将軍徳川家茂に降嫁させたことが幕府の権威失墜を招いた453 views
日米和親条約の締結とその和文・英文の重大な相違点444 views
慶喜がひたすら恭順を示したにもかかわらず江戸城総攻撃に向かう東征軍440 views
文禄の役で明国との講和交渉を大失敗に導いた小西行長~~GHQ焚書とされた秀吉の伝記を読む3430 views
明治末期に政府が推進した神社合祀と鎮守の森の大量破壊~~神社合祀1430 views
聖フランシスコ・ザビエル像が北摂の山奥に残された経緯~~隠れキリシタンの里1427 views
倒幕派とイギリス、及び大政奉還の建白書を提出した土佐藩の動き426 views
大友宗麟による寺社破壊と、島津との戦いののち海外に売られていった豊後の人々425 views
薩摩藩は七隻のイギリス艦船を奪い取り、代理公使を捕虜にしようとした~~薩英戦争1401 views
鳥羽・伏見の戦いに旧幕府軍が敗れた理由401 views
秀吉の紀州攻めで多くの寺社が焼かれた理由~~紀州攻め1400 views
英国艦隊に多大の損傷を与え上陸を許さなかった薩摩が、英国との和解交渉を進めた理由~~薩英戦争3394 views
北条時宗は文永の役のあと次の元寇に備えてどう動いたのか~~元寇3393 views
GHQは日本人にどのような歴史を封印しようとしたのか381 views
フランスの指導により軍隊改造に取り組んだ幕府が倒幕派に勝てなかった事情372 views
薩摩軍の砲撃で多くの戦艦に損傷を受け、上陸せずに退却した英艦隊~~薩英戦争2371 views
GHQに焚書処分された北条時宗に関する書籍に何が書かれているか~~元寇1354 views
台湾を占領したオランダと戦った日本商人・浜田弥兵衛344 views
オランダはペリー来航前に日本・米国に対してどう動いたのか343 views
薩長に接近したイギリスは討幕に関与したのか、しなかったのか343 views
英公使パークスの激怒と江戸城無血開城との関係341 views
中国人の奴隷225名全員を解放させた明治日本~~マリア・ルス号事件338 views
GHQが焚書処分した写真集など~~『日支事変写真帖』338 views
関東大震災のあと避難者たちが「朝鮮人暴動」を怖れたのはなぜか337 views
ロシア革命の活動資金を誰が支援し、レーニンら革命政府の指導者は最初に何を実行したのか332 views
攘夷を続ける長州藩の攻撃を決意し四カ国艦隊を下関に向かわせた英公使~~下関戦争1331 views
桜田門外の変と、その後の薩摩藩、彦根藩、幕府の動き310 views
1867年パリ万国博覧会に薩摩藩は独立国として参加した307 views
GHQが焚書処分した「ユダヤ」関連書物~~筈見一郎『猶太禍の世界』303 views
宣教師が信長を利用して寺社破壊を推進したのではなかったか300 views
GHQが焚書処分した「太平洋」をタイトルに含む本~~中川秀秋『太平洋波高し : 日本を襲ふ魔手の正体』295 views
徳川慶喜は大政奉還後も主導権を握ることができると考えていた289 views
プチャーチンの交渉スタンスが変わり『日露和親条約』が調印されるに至った事情286 views
高野山は戦国時代の危機を如何に乗り越えたか283 views
ネットで読めるGHQ焚書  その10(ち~と)283 views
周到に準備された王政復古の大号令280 views
兵庫開港と条約勅許等を求めて軍艦九隻を大阪湾に送り込んだ四ヵ国連合~~下関戦争3279 views
廃仏毀釈と、架け替えられた京都四条大橋274 views
GHQが焚書処分した戦争に関する書物~~小林騏一郎『日・ソ・支戦争 : 世界大戦の前に来るもの』273 views
GHQが焚書処分したA級戦犯の著書~~松岡洋右 『東亜全局の動揺 』268 views
秀吉の紀州攻めで水攻めにされた太田城と紀南の国人衆の抵抗~~紀州攻め3265 views
神戸事件責任者処刑の六日後に起きた、土佐藩兵によるフランス兵殺傷事件~~堺事件265 views
大政奉還から王政復古の大号令までの公議政体派と討幕派の動き258 views
鳥羽伏見の戦いの数日後に神戸で起きた備前藩兵と外国軍との間の銃撃戦~~神戸事件254 views
英米仏蘭四ヵ国艦隊による下関砲撃と三百万ドルの賠償金支払要求~~下関戦争2254 views
GHQの定めた検閲指針がわが国のマスコミなどで今も実質的に守られている理由253 views
英国公使が幕府支持に傾いた理由と倒幕を急ごうとした在京の薩摩藩士253 views
GHQが焚書処分した、第二次大戦に至る世界情勢を分析した本~~中川秀秋『日本を繞る国際情勢の緊迫』252 views
アヘンをインド人に奨励したイギリス240 views
GHQに焚書処分された西洋・欧米に関する書籍~~福沢桃介 『西洋文明の没落 : 東洋文明の勃興』240 views
宮門跡の一つであった照高院が明治初期に失われたこと239 views
GHQが焚書処分した軍人の著書~~真崎勝次著『非常時局読本』237 views
GHQが焚書処分した「国際連盟」に否定的な書籍~~野瀬秀彦『国難来る日本勝つか聯盟勝つか』237 views
「前期倭寇」の活動が鎮まった経緯と「後期倭寇」が発生するまで~~倭寇3236 views
高山右近は北摂の寺社破壊を推進したのか235 views
イギリスのインド統治に関わるGHQ焚書のリスト235 views
GHQが焚書処分した「科学」「化学」「毒(ガス)」「技術」をタイトルに含む本~~竹内時男『新兵器と科学戦』235 views
天皇の謁見を賜う途上で起きたイギリス公使・パークス暗殺未遂事件233 views
GHQが焚書処分したフランス、フランス植民地に関する本~~田沢丈夫『仏印事情』232 views
GHQに焚書処分された中国関係書籍~~笠井孝『裏から見た支那人』224 views
GHQが焚書処分したナチス・ドイツ関係書籍221 views
GHQが焚書処分した青少年向けの書籍~~桜井忠温「子供のための戦争の話」217 views
GHQが焚書処分した道徳に関する書物~~深作安文 著『国民道徳綱要』215 views
GHQが焚書処分した政治家の著作~~池崎忠孝『太平洋戦略論』、安藤正純『日本の行く道』214 views
GHQが焚書処分した回教やキリスト教など宗教に関する本~~笠間杲雄 『大東亜の回教徒』、小野豊明 『比島宣撫と宗教班』213 views
官公庁が執筆・編纂してGHQ焚書処分となった本~~『国際事情昭和十四年版 世界の動き』213 views
王政復古の大号令が発せられた直後の情勢212 views
GHQが焚書処分した日中戦争に関する本~~本多熊太郎『欧洲情勢と支那事変』212 views
GHQが焚書処分した日清戦争・日露戦争関連書籍~~時事新報社 編『日露戦争を語る. 外交・財政の巻』211 views
GHQが焚書処分した実業家・経済人の著書~~小林一三『戦後はどうなるか』208 views
関東大震災の貴重な記録は今日に活かされているのか~~その1.大量の焼死者が出た東京207 views
GHQが焚書処分した外国人の本、及び外国語で出版された本~~ラインハルト・フランク『虐げられし印度』、李東華 『国防と朝鮮人』207 views
復刊されて比較的手に入りやすくなっているGHQ焚書206 views