ファシズム

神戸大学新聞記事文庫

統制派が国政を牛耳るようになった頃の新聞記事を読む~~ファシズム3

 昭和十一年(1936年)二月二十六日に二・二六事件が起きた。反乱を起こしたのは陸軍の皇道派のメンバーであったのだが、皇道派と統制派についてWikipediaにはこう解説されている。  皇道派は天皇を中心とする日本文化を重んじ、物質...
神戸大学新聞記事文庫

ファシズムと結びつき軍部が政治力を強めていく頃の新聞記事を読む~~ファシズム2

 昭和七年には物騒な記事が多いのだが、この年の二月に井上準之助、三月に団琢磨が暗殺され、五月に五・一五事件が起きている。以前このブログで五・一五事件を起こした海軍の青年将校が記した檄文を紹介させて頂いたが、この檄文を読めば彼らが共産主義思...
神戸大学新聞記事文庫

戦前期にファシズムが台頭していった頃の新聞記事を読む~~その1

 戦後の歴史叙述では「ファシズム」について、共産主義や社会主義への台頭への反動といういうニュアンスで解説されていることが大半だが、わが国における「ファシズムの台頭」の経緯について、当時の新聞記事で確認してみたい。  「神戸大学新聞記...